「ブルーノのしあわせガイド」

「Scialla!」…aka「Easy!」イタリア
a0051234_23255479.jpg

ローマに暮らすシングルの中年男ブルーノは元教師だが、今では売れないゴーストライターとなり気ままな一人暮らしを満喫している。そして生活費を稼ぐため補修塾も経営する日々。ある日、ブルーノの生徒の母親から自分の留守中息子のルカを同居させて欲しいと頼まれる…
a0051234_232706.jpg

a0051234_23294927.jpg

ブルーノに「まなざしの長さをはかって/2007」のファブリッイオ・ベンティヴォリオ。
ルカにフィリッポ・シッキターノ。
ティナに「見つめる女/2004」「気ままに生きて/2006」「ココ・シャネル/2008」のバルボラ・ボブローヴァ。
詩人にヴィニーチョ・マルキオーニ。
ルカの母親マリーナにアリアンナ・スコンメニャ。
教師ディ・ビアジョにラファエラ・レボローニ。
監督、脚本、原案は「ナポレオンの愛人/2006」「副王家の一族/2007」の脚本家フランチェスコ・ブルーニ。

“イタリア映画祭2013”の前に観たイタリア映画で、本作は“イタリア映画祭2012”で上映された。

気ままな一人暮らしをするところへいきなり同居人が出現したら困ることこの上ない。しかしその同居人が自分の息子だったら、まぁ受け入れるしかないだろうな?マリアンとのつかの間の恋の末生まれてきたルカ。でもブルーノはルカの存在を知らず、15年もたってからその存在を知る。この辺りの男の心境って如何ばかりだろう?ドラマが進むに従って、父性愛に目覚めて行くブルーノの姿がせつなくも可笑しくて最高だった。

生徒の母親から文句を言われるほど、補修塾でいい加減な授業をしているブルーノ。しかし自分の息子だと知ったルカには俄然力を入れた補修を行う。やはりこの次点でブルーノは父親を自覚している。マリアンは二人が一緒に暮らす時、ブルーノにルカの父親であることは内緒にして欲しいと言ったため、ルカは真実を知らない。そこで、ルカはブルーノの過剰な干渉に腹を立てるばかり。ブルーノとルカの戦いが面白い。

ブルーノは元ポルノ女優のティナの自伝を執筆中。ずっと女性には無縁だったかどうか定かではないが、たびたび訪れる彼女の家でティナに誘惑され怯むブルーノが可笑しくて…。
でもエンディングで二人が結ばれるのは素敵な成り行きだった。

ローマが舞台の映画だけにルカが友人と“ナヴォーナ広場で落ち合おう!”なんて台詞があって又イタリアに行きたくなる。
ブルーノを演じるファブリッイオ・ベンティヴォリオのひょうひょうとした雰囲気が役柄にぴったりで、実にナイスなキャスティング。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2013-05-12 23:35 | イタリア | Trackback(8) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/17778346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 読書と映画とガーデニング at 2013-05-23 20:32
タイトル : 映画・ブルーノのしあわせガイド
原題 Scialla! 2011年 イタリア 主人公は元教師で今はゴーストライターや補習塾(家庭教師)の仕事をしている中年の独身男性ブルーノ(ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ) ある日、補習塾に通っている15歳の少年ルカ(フィリッポ・シッキターノ)の母親・マリ...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2013-05-26 00:33
タイトル : ブルーノのしあわせガイド
なかなかに素敵な映画。... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2013-05-27 19:58
タイトル : ブルーノのしあわせガイド / Scialla!
初イタリア映画のような気がします。 元教師で、現在はゴーストライターと家庭教師と言う経歴のブルーノ。ある生徒の母親から、自分の留守中息子ルカを預かって欲しいと言われる。そして、そのルカは、15年前にブルーノとの間に出来た子供だと言われる。 そんな感じで、...... more
Tracked from 気ままな映画生活(適当な.. at 2013-05-28 16:03
タイトル : 『ブルーノのしあわせガイド』 2013年3月18日 イタ..
『ブルーノのしあわせガイド』 を試写会で鑑賞しました。 うぅ~ん、会場は重要だし、映写環境も重要だよね。 今日はきっとBru-ray(かDVD)で上映していたと思うけど、 画像が鮮明でなくぼやけているし、スクリーンに割に映しているのは半分という なんともな環境でした。 イスがまたかたいんだよ。パイプ椅子のいいのっぽいんだけど、パイプ椅子と同様だよ(笑) 【ストーリー】  ゴーストライターの元教師ブルーノ(ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ)は、執筆業に精を出しながら家庭教師もして生計を立てていた。...... more
Tracked from soramove at 2013-06-05 10:26
タイトル : 映画「ブルーノの幸せガイド」毎日の繰り返しも、考え方次第..
映画「ブルーノの幸せガイド」★★★★ ファブリッツィオ・べンティヴォリオ、 バルボラ・ボブローヴァ、ヴィニーチョ・マルキオーニ、 フィリッポ・シッキターノ出演 フランチェスコ・ブルーニ監督、 95分、2013年4月13日より全国公開 2011,イタリア,アルシネテラン (原題/原作:SCIALLA!) <リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ローマで、ゴーストライターをしながら 空いた時間で家庭教師をしたり 自由気ままに過ごして...... more
Tracked from gala at 2013-12-18 20:43
タイトル : ブルーノのしあわせガイド
いきなり《あなたの子どもです》と宣言され右往左往。 勝手気ままに暮らしていたのに突然の我が子出現に急に父性が目覚め始めるというお話。 男の場合はひょっとしてこういうことがあるかもである。 タイトルからすれば、何となくハートウォーミングっぽいと思ったが、 映画を観ながら、《このタイトルは微妙だなぁ〜〜》と思った。 原題は、《Scialla!》。 《シャッラ》というらしいが、 《まぁいいからいいから、とにかく落ち着いて》ということらしい。 つまるところ、《まぁ、ええやん〜》とい...... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2014-02-22 22:13
タイトル : ブルーノのしあわせガイド   SCIALLA!
久々のイタリア映画。原題の「SCIALLA!」は「シャッラ!」と発音するようで、英語になると「EASY!」 「落ち着いて」とか「気楽にね」沖縄言葉の「なんくるないさ〜」というような意味のようで、 エンディングに流れる曲のサビになってます。シャラァ〜      **...... more
Tracked from いやいやえん at 2014-04-27 08:54
タイトル : ブルーノのしあわせガイド
人生は、出会いによって変わる、気づく事で変わる、そしてそのちょっとした出来事が新しい何かを運んできてくれる。 ゴーストライターをしながらその合間に補習塾をしているブルーノのもとに、塾の生徒のルカの母親から海外での仕事の間だけ「息子と同居して!」といわれる。なぜなら、実は昔一晩過ごした女性マリーナの子(=自分の子)であったのだ。 こうしてルカと同居する羽目になったブルーノだが、何とか落第させる事なくルカを導こうと不器用ながら奮闘する。15歳の男の子に、規則正しい生活をさせ勉強させるのは、そり...... more
<< 「海と大陸」 イタリア映画祭2013...「... >>