イタリア映画祭2013...「家の主たち」

「padroni di casa」...aka「Homeowners」2012 イタリア
a0051234_2132214.jpg

タイル職人の兄弟コジモとエリアは、ある日ローマからアペニン山脈の小さな村にやってくる。彼らを雇ったのは国民的シンガーのファウスト・ミエリ。ファウストは妻モイラの病気療養のため一線を退き密かに暮らしていた...
a0051234_2134129.jpg
a0051234_21335156.jpg
a0051234_21331563.jpg

コジモに「ナポレオンの愛人/2006」「錆び/2011」「司令官とコウノトリ/2010」のヴァレリオ・マスタンドレア。
エリアに「NINE/2009」「ナポレオンの愛人」のエリオ・ジェルマーノ。
ファウスト・ミエリに「太陽のバカンス/1963」のジャンニ・モランディ。
モイラ・ミエリに「ミュンヘン/2005」 「ぼくを葬る/2004」「明日へのチケット/2005」「華麗なるアリバイ/2007」のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ。
アドリアーナにフランチェスカ・ラッピ。
ダヴィデにロレンツォ・リヴォラ。
監督は「ミラノ、 愛に生きる/2009」でアントニオを演じたエドアルド・ガブリエリーニ。

山中で村の有力者の息子ダヴィデが狼を殺してしまう事件からドラマは始まる。保護される狼を殺すのは違法。仕事でこの村にやって来たエリアは偶然死んだ狼を目にするが、ダヴィデの鋭い視線に口を閉ざす。そしてある日、エリアは美しい村の娘アドリアーナと出会う。アドリアーナはローマからやって来たハンサムなエリアを誘惑し始める。やがてそれを知ったダヴィデは不快感を示し、兄であるコジモにも嫌がらせをするようになる。
一方でファウストは妻モイラの病状が芳しくないことに不安を募らせていく。

地元民の結びつきが深い田舎の村に、ある日突然やって来た都会人。美しい山に囲まれた寒村に不協和音が生じ、悪魔が囁き始める。
ファウストの妻モイラは自ら死を選んだわけだが、それ以外の人々は悪魔に踊らせれた結末。あの陰惨な結末はとても衝撃的だった。

映画のポスターがスゴくて興味深い。結婚式の記念写真の新郎新婦どちらも狼なのだ。でも本作を観ればわかる。オープニングに狼が登場し、壮絶な報復にも似たラストはオープニングの狼とダブってしまった。

時代物「ナポレオンの愛人」に出演してたエリオ・ジェルマーノを久方ぶりで見た。時代物似合っていたが本作での都会のハンサム・ガイもイケてる。
ファウスト役のジャンニ・モランディって聞いたことある。彼はやはりイタリアの大御所シンガーで10年ぶりの銀幕復帰とか。

有楽町 朝日ホールにて(イタリア映画祭:5/6で終了)
[PR]
by margot2005 | 2013-05-07 21:47 | 映画祭 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/17749667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Nice One!! .. at 2013-05-11 22:56
タイトル : 【イタリア映画祭2013】『家の主たち』 (2012) ..
原題: I padroni di casa 監督: エドアルド・ガブリエリーニ 出演: バレリオ・マスタンドレア 、エリオ・ジェルマーノ 、ジャンニ・モランディ 、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ 上映会場: 有楽町朝日ホール 【イタリア映画祭2013】公式サイトはこちら。 ...... more
Commented by rose_chocolat at 2013-05-11 22:57 x
margotさんこんばんは!
イタリア映画祭、今年もご参加されたのですね。
もしかしたらすれ違ってたかも。。。

さて本作。陰惨というか陰険というか、でも閉鎖的なコミュニティにはよくあると思います。
救いようがないですけど、考えさせられますね。
Commented by margot2005 at 2013-05-15 00:49
rose_chocolatさん、こんばんは。
TBありがとう。そうですね。遭遇していたかもですね??

さてシアターに貼ってあったデカいポスター...狼が人間の衣装を着た結婚式の写真はとても衝撃的でした。そしてポスターはドラマを暗示していたように思います。ラスト狼のように狂暴になる人間が恐ろしかったです。特にダヴィデの怒りにはスゴいものを感じました。
<< イタリア映画祭2013...「... イタリア映画祭2013...「... >>