「ほっ」と。キャンペーン

「アンナ・カレーニナ」

「Anna Karenina」 2012 UK
a0051234_23351636.jpg

19世紀後半のロシア。アンナ・カレーニナは社交界の美しい花で、政府高官の夫カレーニンと愛する息子と共にペテルスブルグに暮らしている。ある日、アンナは兄オブロンスキーに会うためモスクワを訪れる。兄を訪ねた理由は彼の浮気によりぎくしゃくした夫婦関係を修復するのが目的だった。しかしそんなアンナが列車の中で若くてハンサムなヴロンスキーと出会う...
a0051234_2335278.jpg

a0051234_2335343.jpg

アンナ・カレーニナに「危険なメソッド/2011」のキーラ・ナイトレイ。
カレーニンに「シャーロック・ホームズ/2011」のジュード・ロウ。
ヴロンスキーに「幻影師アイゼンハイム/2006」「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/2009」「アルバート氏の人生/2011」「野蛮なやつら/SAVAGES/2012」のアーロン・テイラー・ジョンソン。
アンナの兄オブロンスキーに「プライドと偏見/2005」「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式/2007」「フロスト×ニクソン/2008」「ブローン・アパート/2008」「ロビン・フッド/2010」のマシュー・マクファディン。
オブロンスキーの妻ドリーに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」のケリー・マクドナルド。
田舎の地主リョーヴィンに「わたしを離さないで/2010」「シャドー・ダンサー/2011」のドーナル・グリーソン。
アンナの友人プリンセス・ベッツィ・トヴェルスカヤにルース・ウイルソン。
ドリーの妹キティにアリシア・ヴィキャンデル。
ヴロンスキー伯爵夫人に「17歳の肖像/2009」「ゴーストライター/2010」のオリヴィア・ウイリアムズ。
カレーニンの友人リディア・イワノヴナ伯爵夫人に「ミス・ポター/2006」「オレンジと太陽/2010」「戦火の馬/2011」のエミリー・ワトソン。
男爵夫人に「ジェーン・エア/2011」「ベラミ 愛を弄ぶ男/2012」のホリデイ・グレインジャー。
監督は「プライドと偏見」「つぐない/2007」「路上のソリスト/2009」のジョー・ライト。
原作はレオ・トルストイ。

シーンが変わる時、演劇の舞台が変わるように描く様子はとてもドラマティックで素晴らしかった。
この偉大なる悲恋ドラマはアンナ・カレーニナが列車に飛び込んで自らの命を絶つことで終わりを迎える。トルストイの晩年を描いた「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」で悪妻ソフィアが夫に向かって“アンナ・カレーニナのように列車に飛び込んで死んでやる!”と叫んだ台詞を思い出す。かつてトルストイの小説を読んだ時、アンナの鉄道自殺がとても悲惨で印象に残ったことを覚えている。

過去に作られた“アンナ・カレーニナ”はUK版ヴィヴァン・リー主演/1948、UK/USA版ソフィー・マルソー主演/1997、そしてロシア版が1967年と1975年に製作されているが、残念なことにどの作品も見たことがない...と書いたがひょっとしてソフィー・マルソー版はBSで見たような気もする。今一度放映願いたい!

私的に“アンナ・カレーニナ”は世界三大不倫小説に位置づけている。他のニ作はD.H.ローレンスの“チャタレイ夫人の恋人”と、フローベールの“ボヴァリー夫人”か?
チャタレイもボヴァリーもどろどろの愛憎劇だが、こちらは純粋なる不倫…なんて変な言葉だが…互いが非常に愛し合っていたところが前ニ作とは大きく異なっている。
小説を読んだのはかなり前なので今一度マジで読んでみたい。

時代物が似合うキーラは「ある公爵夫人の生涯/2008」でのダッチェス役に続きアンナ・カレーニナが似合っている。夫カレーニンを演じるジュード・ロウ。かつて間男役が得意だったジュードも、今では妻を寝取られる役柄になってしまった。そしてカレーニン役がとても似合っている。
アンナの恋人となるヴロンスキー役のアーロン・テイラー・ジョンソンは「野蛮なやつら/SAVAGES」のレビューにも書いた通り貴族はどうも似合わない。というのも時代物似合わないタイプかも?

夫との間に愛はなく若くして結婚したアンナ。やがて若くてハンサムなヴロンスキーと出会う。運命的な出会いに燃え上がる二人を誰も止めることなど出来ない。しかし、互いに深く愛し合いながら結ばれなかったのはカレーニンが離婚に同意しなかったから。19世紀の女性は実にお気の毒だ。

オスカーを受賞した衣装(宝石etc.)や背景が素晴らしく美しく、あまりにも哀しい悲恋ドラマを盛り上げている。
大劇場での上映期間が短くて寂しい。

TOHOシネマズ日劇にて(既に上映終了/TOHOシネマズシャンテにて上映中)
[PR]
by margot2005 | 2013-04-28 23:56 | UK | Trackback(13) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/17699775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from いい加減社長の映画日記 at 2013-04-29 17:02
タイトル : アンナ・カレーニナ/ANNA KARENINA
名前は聞いたことあるけど、どんなストーリーだったかは、まったく記憶になく・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 貴族階級のアンナ・カレーニナは、政府高官の夫と結婚し、息子にも恵まれ、何ひとつ不自由のない暮らしをしていた。 ある日、兄夫婦が離婚の危...... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2013-04-29 17:05
タイトル : ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演『アンナ・カレ..
ロシアの文豪トルストイの最高傑作として知られる『アンナ・カレーニナ』を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が、キーラ・ナイトレイ主演で映画化。19世紀末のロシアを舞台に愛のない結婚をしたヒロインが運... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2013-04-29 17:39
タイトル : 『アンナ・カレーニナ』
□作品オフィシャルサイト 「アンナ・カレーニナ」□監督 ジョー・ライト□脚本 トム・ストッパード□原作 レオ・トルストイ □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、       ケリー・マクドナルド、マシュー・マクフ...... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2013-04-29 18:06
タイトル : アンナ・カレーニナ(2012)
公式サイト。イギリス映画。原題:Anna Karenina。レフ・トルストイ原作、ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナ ...... more
Tracked from とりあえず、コメントです at 2013-04-29 18:42
タイトル : アンナ・カレーニナ
トルストイの有名小説をジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイ主演で描いた大河ドラマです。 何度も映像化されたこの物語が今度はどんな作品になるのだろうと楽しみにしていました。 19世紀末の帝政ロシアを舞台に、破滅へと向かう悲劇の愛が美しい映像と共に描き出されていました。 ... more
Tracked from 象のロケット at 2013-04-30 03:02
タイトル : アンナ・カレーニナ
1870年代の帝政ロシア。 政府高官カレーニンの妻であるアンナ・カレーニナは、首都サンクトペテルブルクの社交界の華だった。 彼女は兄の住むモスクワへと旅立つ途中で、騎兵将校のヴロンスキー伯爵と出会い、一目で惹かれあう。 ヴロンスキーからプロポーズされると信じていたアンナの兄嫁の妹キティは、田舎地主リョーヴィンからの求婚を断るが、ヴロンスキーとアンナは禁断の恋に溺れてゆく…。 文芸ロマン。... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2013-04-30 08:49
タイトル : アンナ・カレーニナ /ANNA KARENINA
ランキングクリックしてね ←please click  ロシアの文豪トルストイの小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督 &キーラ・ナイトレイコンビで新たに映画化した文芸ロマンス。 アカデミー賞では、衣装デザイン賞受賞 衣装も舞台...... more
Tracked from ★yukarinの映画鑑.. at 2013-04-30 13:42
タイトル : アンナ・カレーニナ
【ANNA KARENINA】 2013/03/29公開 イギリス 130分監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィキャ...... more
Tracked from こんな映画見ました〜 at 2013-05-22 23:15
タイトル : アンナ・カレーニナ
『アンナ・カレーニナ』---ANNA KARENINA---2012年(イギリス)監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン 、ケリー・マクドナルド 、アリシア・ヴィキャンデル 、エミリー・ワトソン、 ドーナル・グリー...... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2013-05-24 22:10
タイトル : アンナ・カレーニナ
本作は飛行機の中で鑑賞しました。 旧式の機種で、一斉上映システムだと知らず最初に「リンカーン」を選択したのですが、 画像のトーンが暗い上に、時々映像がぶれたりと鑑賞に堪え難いレベルだったので、 「アンナ・カレーニナ」に変更。最初から見るにはどうするのかし...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2013-08-11 10:39
タイトル : 映画『アンナ・カレーニナ』を観て〜アカデミー賞受賞作品
12-30.アンナ・カレーニナ■原題:Anna Karenina■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:130分■観賞日:4月7日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督:ジョー・ライト◆キーラ・ナイトレイ(アンナ・カレーニナ)◆ジュード・ロウ(カレーニン)◆...... more
Tracked from いやいやえん at 2013-09-26 09:16
タイトル : アンナ・カレーニナ
ざっくり言ってしまえば不倫ドラマなのですが。トルストイの有名な文芸作品なので何となくは知っていましたが、ちゃんと作品に触れるのは実は初めて。 時代コスと言えばこの人、キーラ・ナイトレイ主演。ジュード・ロウがその夫を演じていました。 舞台は19世紀後半のロシア。政府高官の夫を持つ貴族のアンナ・カレーニナは何不自由ない豊かな暮らしを送り、その美貌から社交界の花。しかし夫との関係が冷めきっていたアンナは騎兵将校ヴロンスキーと出会い、彼と不貞の恋に落ちてしまったことから破滅への道を辿っていくの...... more
Tracked from のほほん便り at 2014-08-11 08:30
タイトル : アンナ・カレーニナ (2012年)
何度も映像化されてる、ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作だけに、あえて斬新なアプローチ。映画全体を舞台劇とし、場面転換の際には映像が隣のステージに移動するという独特の手法を用いています。でも、大いに目の保養作品でした。美男美女で、映像的にも、とてもキレイ十代の頃に読んだ原作の、イメージに程近いキャスティングで、大納得。女優さんが、とても良くお見かけする、意志の強そうな美貌… と思ってたら「パイレーツ・オブ・カリビアン」で華を添えてた、キーラ・ナイトレイだったのですねヴロンスキー役も「そうそう、こう...... more
<< 「君と歩く世界」 「キング・オブ・マンハッタン ... >>