「人生、ブラボー!」

「Starbuck」…aka「Daddy Cool」2011 カナダ
a0051234_2085759.jpg

ダヴィッド・ウォズニアックにパトリック・ユアール。
ダヴィッドの友人で弁護士にアントワーヌ・ベルトラン。
ダヴィッドの恋人ヴァレリーにジュエリー・ル・ブルトン。
監督、脚本はケン・スコット。

シアターで何度も予告を観て期待してしまった。カナダで大ヒットした本作ながら私的にはそれほどでもなかったかな?なんだかあり得ないテーマで...でもパトリック・ユアールはかなりgood。

ダヴィッドは42歳で未だ独身。借金まみれで妊娠した恋人にも愛想をつかされている。家業の精肉店を手伝っているが、仕事も、恋人との関係もいい加減。とにかくこの男は全てにおいていい加減なのだ。
しかしある日、かつて金欲しさに軽い気持ちで提供した精子によってダヴィッドのDNAを受け継ぐ533人もの子供が誕生していたことが判明する。そしてそのうちの142人から身元開示の裁判を起こされる。困った彼は友人の弁護士に相談することに…
やがてサッカー大好き人間のダヴィッドが応援するチームのスター選手が子供たちの一人だとわかり突然彼らに興味を抱き始める。
子供たちに会いに行き、一緒に過ごすダヴィッドが中々素敵なのだ。ダメ人間なのに彼らの前では心優しい人に豹変してしまうのだ。あれって父性愛?サッカー選手を皮切りに子供たちを訪ねて回るダヴィッド。そしてますます父性愛に目覚めていく。その辺りの展開はとても良かったな。

精子をゲットしたいカナダの女性ってなぜこんなにたくさんいるの??と、一人の男の精子にこれだけの需要があったなんて…どう考えてもこのようなことはあり得ないと思うが、コメディ仕立てだし、ハートウオーミングだしで許してしまった。
当然ながらダヴィッドは金銭を得るために精子を提供したわけだが、その金の使い道が明かされ、ダヴィッドって良い人なんだと改めて感心した。
コメディ俳優のパトリック・ユアールがダメ男を好演している。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2013-02-17 20:26 | MINI THEATER | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/17330199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2013-02-18 23:55
タイトル : 人生、ブラボー!
独身中年男が535人の父親になって人生を見つめ直す人情コメディ「人生、ブラボー!」。ダメ男の主人公がなぜかみんなに愛される理由が次第に分かってくる。42歳のダヴィッドは、借 ...... more
Tracked from とりあえず、コメントです at 2013-02-25 00:00
タイトル : 人生、ブラボー!
生物学上533人の子供の父親になっていたと知った男が主人公のハートフルなコメディです。 これは大らかなコメディだなあ予告編を観た時から楽しみにしていました。 カナダのケベックを舞台にした物語は、やっぱり大らかな展開が可笑しい物語でした。 ... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2013-02-26 18:56
タイトル : 人生、ブラボー!〜Starbuckの秘密
For here, or to go? 公式サイト。カナダ映画。フレンチカナディアン映画なのでフランス語。原題:Starbuck。ケン・スコット監督、パトリック・ユアール、アントワーヌ・ベルトラン、ジュエ ...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2013-03-01 23:58
タイトル : 人生、ブラボー
暖かい気持ちになれる一本。... more
Tracked from いやいやえん at 2013-09-23 11:11
タイトル : 人生、ブラボー!
693回の精子提供ってやりすぎじゃないかと思うんだけれど、その理由は病気の母親に夢のイタリア旅行をプレゼントするためによるもの。 典型的なダメ男が、自分の精子から生まれた遺伝子上の子供たちと触れ合う事によって父性を取り戻し人生が前に進んでいくという作品。 これはなかなか良かった〜。有名サッカー選手が子供の一人だったことから、一人ずつ、密かに見守っていくのですよね(全員は無理です)。 スターバックという偽名を使っていたのですが、その訴訟集会に知らず乗り込んでの「愛してる、君たちは兄弟だ、よ...... more
<< 「塀の中のジュリアス・シーザー」 「陰謀のスプレマシー」 >>