「危険なメソッド」

「A Dangerous Method」 2011 UK/ドイツ/カナダ/スイス
a0051234_2318224.jpg

“許されない愛。測れない心。”...若きユングと、彼の患者であり、後に愛人となったザビーナ。そして偉大なる心理学者フロイトとユングの出会いと決別。史実に基づく人間ドラマ。
a0051234_2333127.jpg
a0051234_23323867.jpg
a0051234_23322889.jpg
a0051234_23321365.jpg
a0051234_2332239.jpg
a0051234_23315170.jpg

ザビーナ・シュピールラインに「恋と愛の測り方/2011」のキーラ・ナイトレイ。
ジークムント・フロイトに「アラトリステ/2006」「ザ・ロード/2009」のヴィゴ・モーテンセン。
カール・グスタフ・ユングに「エージェント・マロリー/2011」のマイケル・ファスベンダー。
エマ・ユングにサラ・ガドン。
オットー・グロスに「オーシャンズ13/2007」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」「ブラック・スワン/20101」のヴァンサン・カッセル。
監督は「イグジステンズ/1999」「ヒストリー・オブ・バイオレンス/2005」「イースタン・プロミス/2007」のデヴィッド・クローネンバーグ。
原作戯曲、脚本に「つぐない/2007」「わたしの可愛い人-シェリ/2009」のクリストファー・ハンプトン。

原作が戯曲であるということに納得。
3人の俳優が喋りまくる…で、ユングの台詞が一番多い。ユングを演じるお気に入り俳優のマイケル・ファスベンダー。眉間にシワをよせパイプをくゆらせながら渋い顔の連発。
キーラも精神に異常をきたしたザ ビーナを全身で演じている。
そしてヴィゴ・モーテンセンも同様。ヴィゴはほんと存在感ある俳優だ。「マーラー 君に捧げるアダージョ/2010」もフロイトが絡むストーリーで、演じるオーストリア人俳優カール・マルコヴィクも適役だったけど、本作のフロイト役も中々のもの。

カール・ユングってリッチな妻がいて、愛人がいてとても恵まれた生涯を送った人ではなかったかと推察する。妻は夫をこよなく愛し、金で用意出来るものならなんでも与え、生涯愛人の存在にも理解を示した。
映画では描かれてないがユングの妻エマも精神科医だったそう。一時期、長い期間自ら精神分裂症(統合失調症)を病んでいたというユングを支えたのは妻のエマ?それとも愛人?

かなり前のことだが芥川賞作家で精神科医でもあった北杜夫のエッセイに“精神科医は大概皆変だ!”なんて書いてあったのを思い出した。ユングは一時期精神に異常をきたしたし…来る日も、来る日も分析(アナライズ)していたら頭がおかしくなっても不思議ではない気もする。

フロイトとユングが語る場面は良く分からなかった。二人の会話の中に性的(sexual)という言葉が頻繁に登場する。精神的疾患は性に由来する(関係がある)といった表現もあった。なんでもかんでも性に結びつける彼らのセオリーにはちょっとついて行けなかったな。

とにもかくにも俳優陣が頑張っているのだ。主演はカール・ユング役のマイケル・ファスベンダーかと思えるが、エンドクレジットはザビーナ役のキーラ・ナイトレイから始まり、フロイトのヴィゴ・モーテンセン、そしてユング役のマイケル・ファスベンダーと続く。
時代物好きなので、ザビーナとユングの禁断のラヴ・ストーリーとして観て満足した感じ。

本作の予告はシアターで繰り返し観ている。予告の冒頭ユングが妻エマを実験台にテストするシーン…“離婚”に対してエマは“ノー!”と答える。エマはユングと築いた家庭を決して失いたくなかったのだ。ユングはザ ビーナに対して“妻は家の土台だ”と話し、生涯愛人を持ち続けることはやめなかった。まぁ家の土台がしっかりしているから浮気に励めたのかも知れない。やはりユングはなんと恵まれた男であったことよ!と感嘆しないではいられない。演じるFASSYも上手い。

時代物もSFも似合うFASSYの次回作はリドリー・スコットの「The Counselor」。下、ロンドンでの撮影ショット。ブラッド・ピットが共演者なので日本でも必ず公開されるだろう。

ヴィゴ・モーテンセンが気になったのはグイネス・パルトロウの「ダイヤルM/1998」。若い愛人を演じていて、若く見えたがあの時既に40歳。この方には熱狂的なファンがいるようで、本作を観た後もヴィゴを話題にしている女性がいた。
ヴィゴ・モーテンセンの「善き人/2008」はシアターに観に行けなくて今で観れていない。
ヴァンサン・カッセルの出番が少なくて寂しい。

TOHOシネマズ日比谷シャンテにて
a0051234_2301792.jpg

a0051234_23375449.jpg
a0051234_23373931.jpg
a0051234_2371820.jpg

[PR]
by margot2005 | 2012-11-06 23:48 | UK | Trackback(9) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/16747221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-11-07 22:57
タイトル : 危険なメソッド
精神分析のイノベーションを導いた美しき女性 公式サイト。A Dangerous Method。デヴィッド・クローネンバーグ監督、マイケル・ファスベンダー、ヴィゴ・モーテンセン、キーラ・ナイト ...... more
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2012-11-07 23:08
タイトル : 危険なメソッド
Dangerous Method [DVD]クチコミを見る二人の偉大な心理学者と美しい患者との関係をスリリングに描く「危険なメソッド」。患者兼愛人をキーラ・ナイトレイが異様な表情で怪演する。1904年 ...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2012-11-08 00:59
タイトル : 危険なメソッド /A Dangerous Method/..
ランキングクリックしてね ←please click トロント、ロンドン、ヴェベチア映画祭などで上映されて話題になったクローネンバーグの最新作 ちょうどいいタイミングでやってて今回観れると思わなかったので嬉しい クローネンバーグお得意の?精神分析...... more
Tracked from 象のロケット at 2012-11-08 20:03
タイトル : 危険なメソッド
1904年、スイス・チューリッヒ。 精神分析学者フロイトの理論に注目していた若き精神科医ユングは、18歳の女性患者ザビーナにフロイトが提唱する“談話療法”を試みた。 強度のヒステリー状態だったザビーナは順調に回復し、医学部に入学する。 ユングはフロイトにザビーナの症例を報告し、彼と親交を深めていく。 一方、妻子ある身でありながら、ユングはザビーナと男女の関係になってしまうのだが…。 実話ヒューマンドラマ。 PG-12。 ... more
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2012-11-13 20:23
タイトル : 「危険なメソッド」イタくて、スキャンダラスな史実。
[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワード  ジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユング、精神医学の世界じゃ非常に名の知れたこのお2人。そんなに…って言うか、全然そちらの分野に詳しくない吾輩でも名前ぐらいは知っているこの2人と、1人の女性のスキャンダラスな関係を描いた舞台劇を、何とあのデヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化。「危険なメソッド」(ブロードメディア・スタジオ)。はい、「鍵泥棒…」なんかより、はるかにあぶないメソッドでございました(^^;。    1904...... more
Tracked from とりあえず、コメントです at 2012-11-24 13:18
タイトル : 危険なメソッド
20世紀初頭のヨーロッパを舞台に、ユングが心を囚われる女性患者ザビーナ・シュピールラインや ユングとフロイトの師弟関係を描いた人間ドラマです。 予告編を観て凄そう!と楽しみにしていたのですけど、すっかり観るのが遅くなってしまいました。 予想以上のキーラ・ナイトレイの演技に目を丸くしながらも、緊張感漂う雰囲気に圧倒される作品でした。 ... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2012-12-07 23:15
タイトル : フロイトとユングと1人の女性
6日のことですが、映画「危険なメソッド」を鑑賞しました。 精神科医ユングとフロイトの出会い、交流、確執・・・ その間に大きな影響を与えた 女性ザビーナ ここまで、本格的にフロイトやユングを描いた作品は なかったと思うし 興味深く見れました。 ザビーナの存在...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2013-01-11 23:21
タイトル : 映画『危険なメソッド』を観て
12-83.危険なメソッド■原題:A Dangerous Method■製作年、国:2011年、イギリス・ドイツ・カナダ・スイス■上映時間:99分■字幕:グレイヴストック陽子■観賞日:10月27日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:0円 □監督:デヴィッド・クローネンバーグ◆ヴィ...... more
Tracked from いやいやえん at 2013-10-31 08:35
タイトル : 危険なメソッド
キーラ・ナイトレイ、ヴィゴ・モーテンセン、マイケル・ファスベンダー共演。 心理学の巨星、フロイトとユング。この二人が同じ学問を追究し師弟関係にありながらも決別した過程に迫る作品です。二人の間にはザビール・シュピールラインという女性心理学者が存在し、彼女が担当医だった妻子あるユングと不倫関係に陥った事で師であるフロイトを巻き込んだスキャンダラスな内容が描かれています。 三人の人生が重なり合った時期が描かれますが、二人の心理学者の考え方の違い(性衝動だけを神経症の決定要因とするフロイトは、神秘...... more
Commented by ブリ at 2012-11-15 18:34 x
ザビーナ役のキーラ・ナイトレイは物凄かったw。助演女優賞も目じゃない!くらい。でも後半治ったのか普通になっちゃうんですよね(それでもちと普通じゃないがw)。
でも映画の内容は「偉大な心理学者ユングは愛人とSMごっこして楽しみましたとさ」だから作品賞は無理かw。
Commented by margot2005 at 2012-11-18 20:04
ブリさん、こんばんは。書き込みありがとうございます。
そうキーラの形相はスゴかったですね。
偉大な心理学者ユングがスーパー級に女好きなことを知りました。
<< 「アルゴ」 「思秋期」 >>