「4:44 地球最後の日」

「4:44 Last Day on Earth」2011 USA/スイス/フランス
a0051234_1833205.jpg

本作の予告も観ていない。上映館は韓国映画が主流のシネマート六本木で、映画案内websiteで見つけた。主演はお気に入り俳優のウィレム・デフォーと知り観に行った一作。
a0051234_183458.jpg

シスコに「インサイド・マン2006」「パリ、ジュテーム/2006」「フェアウェル/哀しみのスパイ/2009」「アンチクライスト/2009」「ミラル/2010」「ハンター/2011」のウィレム・デフォー。
スカイにシャニン・リー。
監督、脚本は「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト/1992」「バッド・ルーテナント/2009」のオリジナル脚本を書いたアベル・フェラーラ。

2012年12月22日。N.Y.の高級アパートメントに暮らすシスコとスカイ。大気汚染により世界は終わりを迎えようとしている。前衛芸術家のスカイはひたすら絵を描いている。一方で恋人のシスコはひげを剃ったり、TVを見たりと落ち着かない。“いつまでもつまらないTVなんて見ないで!”というスカイ。やがてシスコは離れて住む娘にスカイプで話すことを思いつく。娘との会話も終わり、元妻がPCの画面に現れる。これから死んで行く人間は後悔を残したくないのか、シスコはこの期に及んで別れた妻に“愛している!”と言っている。しかしそれを耳にしたスカイが飛んで来る。それも嫉妬心をあらわにし、狂ったように泣き叫びながら...“別れた妻に愛しているなんて!なんて人!”と言語道断とばかりに恋人シスコを責めまくる。
スカイという女性はなんと心の狭い女性なのだろうと飽きれる。世界が終わるのだから、元妻に“愛している!”なんて言ったって良いじゃない?結局自分は愛するシスコに抱かれながら死ぬのだから…。

”地球最後の日”と言えば「メランコリア/2011」を思い出す。本作も「メランコリア」同様心理ドラマでディザスターものではない。
「メランコリア」もそうだったけど、危機が迫ると男て情けないくらい狼狽えるのだ。上に書いたように嫉妬心に狂ったスカイも、終わりを迎える時はシスコを限りなく強く包み入れる。
しかしながらスカイ役のシャニン・リーという初めてお目にかかった女優が全く魅力がなくて(ごく普通の女の子ってイメージ…)がっくり。ラスト・シーン(ポスター)のみ良かったかな?

「メランコリア」は巨大惑星が地球と衝突し、最後の日を迎えるといった展開だが、こちらは大気汚染の末、地球は滅びるといった話。映画の中で、TVキャスターは最後の時間を家族と過ごしたいと帰ってしまい、残されたTV画面には、世界に向けて“地球温暖化問題”を発信したアル・ゴアやチベット仏教のダライ・ラマが語る映像が繰り返し映し出される。現実に世界が終わりを迎える日、TVキャスターって家族と過ごすため家に帰ってしまうのだろうか?少々気になる疑問だが、そんなことわかるワケがない。

前衛芸術家のスカイは一心に絵を描いている。シスコの職業は解らない…ひょっとしてライターだろうか?悪態をつきながら自ら書いたノートを窓から投げ捨てる。窓から見えるニューヨークの街はまだ夜でもないのに暗くて不気味だ。
オープニング…シタールの音色と共に仏像やろうそくが映し出される。主人公のシスコとスカイが座禅を組んで瞑想にふけるシーンもあり、人間は死を迎えるにあたって宗教に救いを求めるのだろう。
ラスト、スカイが“二人で神の元へ行きましょう!”と言い放ち、映画は終結する。

ちょっと調べてみたらパラマウント映画で「”地球最後の日/1951(When Worlds Collide)」というのがある。初めて知ったが…。
ウイレム・デフォーは素晴らしい俳優。「ハンター」の彼はスゴく良かった。そして本作ではただ一人軟弱な男を圧倒的な存在感で示している。

シネマート六本木にて
[PR]
by margot2005 | 2012-10-21 20:51 | MINI THEATER | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/16637114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-10-23 09:44
タイトル : 4:44 地球最期の日
地球そのものの大晦日 アメリカ=スイス=フランス。原題:4:44 Last Day On Earth。アベル・フェラーラ監督、ウィレム・デフォー、シャニン・リー、ポール・ヒップ、(映画内テレビ)アル・ゴ ...... more
Tracked from Nice One!! .. at 2012-10-24 05:03
タイトル : 『4:44 地球最期の日』 (2011) / アメリカ・..
原題: 4:44 LAST DAY ON EARTH 監督: アベル・フェラーラ 出演: ウィレム・デフォー 、シャニン・リー 、ポール・ヒップ 試写会場: シネマート六本木 シネマート六本木『4:44 地球最期の日』サイトはこちら。[2012年10月6日公開] cocoさんのご招待で行って...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2012-11-02 19:32
タイトル : 4:44 地球最期の日
試写会で観ました。上映前にトークショーがあり、映画コメンテーターの有村昆さんと、オカルト評論家の山口敏太郎氏のかけあいがあったのだけれど、これが意外と儲けものだった。ローカルなオカルト・スポットの紹介あり、東京のパワー・スポットの解説あり、と…私ってまるで中高生男子ですな。 マヤ暦では、今年2012年12月12日に世界の終末が訪れるらしい。なんか一応、それにインスパイアされた作品らしいけれど…。4:44…。ゾロ目の符号。不謹慎だから、マスコミは書いちゃダメ!と言っていたけれど、私はマスコミじゃな...... more
Commented by rose_chocolat at 2012-10-24 05:06 x
>スカイ役のシャニン・リーという初めてお目にかかった女優が全く魅力がなく
監督の彼女だそうです・・・。 本作にはふさわしくなかったですね。
本作、スカイ役でどうにでも魅力が引き出せた作品だと思うんですが、これだけは完全なミスキャスト。
ストーリーもちょっと練れてなかったですが・・・。
デフォーさんの表現力の素晴らしさが引き立ってはいましたけどね。
Commented by margot2005 at 2012-11-03 20:07
rose_chocolatさん、いつもコメントありがとう!!

スカイ役のシャニン・リーって監督の恋人なんですか?監督はずいぶんなお年だと見受けましたが...
>これだけは完全なミスキャスト...
おっしゃる通りですね。
デフォーはいつも素敵ですね。有楽町に行くたびPRADAの彼の看板に見惚れます。
<< 「推理作家ポー 最期の5日間」 「虚空の鎮魂歌(レクイエム)」 >>