「そして友よ、静かに死ね」

「Les Lyonnais」2011 フランス/ベルギー
a0051234_2312586.jpg

還暦を迎えたモモンを演じるジェラール・ランヴァンは1950年生まれ。実際に還暦なのだがスゴくsexy。
フランス映画祭2009で観た「シークレット・ディフェンス(WEAPONS)/2007」のジェラール・ランヴァンが最高にクールだったのを思い出す。
本作を監督、脚本したオリヴィエ・マルシャルの「あるいは裏切りという名の犬/2004」は中々インパクトのある映画だった。その後はちょっと…といった案配…こちらは「あるいは裏切りという名の犬」に続くマルシャルの代表作となるであろう。多分…。
a0051234_2321652.jpg
a0051234_232744.jpg
a0051234_2315939.jpg
a0051234_2315164.jpg
a0051234_2314423.jpg

エドモン・ヴィダル/モモンに「輝ける女たち/2006」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」「この愛のために撃て/2010」のジェラール・ランヴァン。
セルジュ・ステルに「三銃士 妖婦ミレディの陰謀/2005」「星の旅人たち/2010」のチェッキー・カリョ。
クリストに「あるいは裏切りという名の犬」「ぼくを葬る/2005」「隠された記憶/2005」「マルセイユの決着/2007」「食料品屋の息子/2007」のダニエル・デュヴァル。
ジャヌーに「引き裂かれた女/2007」のヴァレリア・カヴァッリ。
青年時代のモモンにディミトリ・ストロージュ。
青年時代のセルジュにオリヴィエ・シャントロー。
監督、脚本は「裏切りの闇で眠れ/2006」「すべて彼女のために/2008」のオリヴィエ・マルシャル。

フランス、リヨン。モモンは教会で孫の洗礼式に出席している。還暦を迎える彼は元ギャングながらとうの昔に足を洗い、愛する妻と穏やかで満ち足りた余生を送っている。そんなある日、幼なじみで、かつての相棒セルジュが13年の逃亡の末逮捕されたことを知る...

リヨンはフランス第二の都市で絹織物の産地として知られ、食通の街としても有名。一度行きたい!行きたい!と願いながらもこの街を訪れたことはない。で、リヨンが舞台なのでとても楽しみにしていた一作。しかしながら70年代と現代が行ったり来たりするリヨンの街を堪能することは叶わなかった。

エドモン・ヴィダルの自叙伝“さくらんぼ、ひとつかみで”をベースにフィクションも取り入れた重厚な犯罪サスペンス映画である。本に“さくらんぼ、ひとつかみで”と命名されたのは、モモンが“さくらんぼ、ひとつかみ”盗んだため半年の禁固刑になったことからきている。
ロマ族(ジプシー)の出であるモモンがイジメに合った時助けてくれたのはセルジュだった。半年の禁固刑になった時も一緒だった。そんなセルジュを見捨てることなどできようか?
セルジュが刑務所に送られれば、そこを出る時は死んだ時だ。モモンは妻ジャヌーに“セルジュに関わるのは危険だからやめて!”と懇願され、知らんぷりしたいとこだが、やはりそれは無理だった。セルジュとの友情を断ち切ることなどできないモモンは奪還計画に手を貸してしまう。これが男の“義理&人情”?
シアターで邦画は見ないが、過去にTVで、高倉健のヤクザ映画を何本も見たことがある。そこには必ず男の“義理&人情”が登場する。フィルム・ノワールと呼ばれるこの映画はとても懐かしい匂いがした。

フランスのギャングものと言えばジャン・ギャバンとかアラン・ドロンの映画が思い浮かぶ。もうあげたらキリがないが、二人の共演作で印象深いのは「地下室のメロディ/1963」「シシリアン/1969」「暗黒街の二人/1973」等など。
アラン・ドロン映画だと「サムライ/1967」とか「リスボン特急/1972」とか…チャールズ・ブロンソンと共演した「さらば友よ/1968」なんか好きだけど、それは犯罪映画ではあるがギャング映画ではない。

そしていつものことながら...日本の配給会社よ!もうちょっと邦題考えて!Internationalタイトルの”A Gang Story”のように単純に考えられないのか?調べてみたところアラン・ドロン映画に「友よ静かに死ね/1976」というのがあり、原タイトルは“Le gang/ギャング”だった。
それと邦題についてもう一言...「そして友よ、静かに死ね」じゃ結末バレバレなんだけど...。

銀座テアトルシネマにて
[PR]
by margot2005 | 2012-10-03 23:19 | フランス | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/16503364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2012-10-05 08:32
タイトル : そして友よ、静かに死ね
1970年代に伝説のギャング“リヨンの男たち”として名を馳せたエドモン・ヴィダル(愛称モモン)は、足を洗い還暦を迎えた今、家族や元ギャング仲間に囲まれ穏やかな生活を送っていた。 だが、麻薬取引を続けていた昔の仲間で親友のセルジュが、13年の逃亡の末に逮捕されたことを知る。 かつての仲間を刑務所で死なせたくないという仲間たちが集まって、セルジュを脱獄させることにしたのだが…。 サスペンス。... more
Tracked from Nice One!! .. at 2012-10-10 20:52
タイトル : 【フランス映画祭2012】『そして友よ、静かに死ね』 (..
原題: LES LYONNAIS / A GANG STORY 監督: オリヴィエ・マルシャル 出演: ジェラール・ランヴァン、チェッキー・カリョ、ダニエル・デュヴァル、ディミトリ・ストロージュ 観賞劇場: TOHOシネマズ日劇 スクリーン3 フランス映画祭2012『そして友よ、静かに死...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2012-11-05 00:30
タイトル : そして友よ、静かに死ね
渋くて見応えあった。満足!... more
Commented by rose_chocolat at 2012-10-10 20:56 x
そうなんですよね~。
この邦題はいけません。これは、あらら・・・ですよね。

これは、モモンがシブかったです!(年取った方のモモンです)
Commented by margot2005 at 2012-10-15 22:42
こちらにもありがとう。

この邦題あまりにもあからさまでしたが、実話ということでああなったのでしょうかね?

>(年取った方のモモンです)...同感です。
<< 「わたしたちの宣戦布告」 「コッホ先生と僕らの革命」 >>