「最強のふたり」

「Intouchables」…aka「Untouchable」2011フランス
a0051234_2243266.jpg

シネコンでも上映中のフランス映画は「アーティスト/2011」以来。難病ものでなおかつ実話。感動しないではいられない。ラストに実際の二人の映像が映る。
感動しないではいられないと書いたが、少々出来過ぎの展開にちょっと違和感...でも俳優は上手い。
フィリップを演じるフランソワ・クリュゼの映画は「主婦マリーがしたこと/1986」から色々と観ている。パリを舞台にしたメグ・ライアンの「フレンチ・キス/1995」、ジュリエット・ビノシュ&オリヴィエ・マルティネスの「プロヴァンスの恋/1995」そして「PARIS(パリ)/2008」。でも一番記憶に残るのは「歌え!ジャニス・ジョプリンのように/2003」かな。
「ミックマック/2009」でレミントン(言語オタク)を演じていたドリス役のオマール・シーも、フランソワ・クリュゼ同様に素晴らしかった。
a0051234_2252185.jpg
a0051234_2251447.jpg
a0051234_225039.jpg
a0051234_2245159.jpg

フィリップにフランソワ・クリュゼ。
ドリスにオマール・シー。
フィリップの秘書(看護人)イヴォンヌに「ムッシュ・カステラの恋/1999」のアンヌ・ル・ニ。
同じく秘書マガリに「屋根裏部屋のマリアたち/2010」のオドレイ・フルーロ。
監督、脚本はエリック・トレダノ。

大富豪のフィリップはパラグライダーの事故で首から下が麻痺している。過去に逃げ出した何人もの看護人。そして今日又新たな看護人を採用するため面接が行われている。やがてやって来た一人の、場違いな男は貧困層の黒人青年ドリス。フィリップは周囲の反対を押切りドリスを新しい看護人として採用する…

上、“違和感”と書いたのはかなりシニカルだと思う。でもシネコンで上映され、日頃フランス映画など観ない人までがわんさか押し寄せている本作って?ちょっと許せない気がした(かなり隔たった思いではあるが…)。

難病ものをどこまでも明るく、楽しく(観ている人の笑いを誘う…)描いたのはスゴい!と思う。フィリップとドリスが固い絆で結ばれて行く過程も素晴らしかった。やはり素晴らしい!作品と言うことで締めくくりたい。

TOHOシネマズ・日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2012-09-30 22:18 | フランス | Trackback(15) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/16478224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2012-10-02 17:30
タイトル : 「最強のふたり」
2011年にヨーロッパで大ヒットしたフランス映画、「最強のふたり」(Intouc... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-10-03 21:25
タイトル : 最強のふたり
有無を言わせる暇もない明るさ 公式サイト。フランス映画、原題:Intouchables、英題:Untouchable。エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー ...... more
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2012-10-03 23:10
タイトル : 映画レビュー「最強のふたり」
◆プチレビュー◆車椅子の大富豪と貧しい黒人青年の友情物語「最強のふたり」。実話をベースにした笑って泣ける愛すべき佳作だ。 【70点】 事故で全身麻痺になった大富豪フィリ ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2012-10-04 08:02
タイトル : 最強の友情
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして… いやー まさに良作でした 万人にオススメできる作品で! ...... more
Tracked from Nice One!! .. at 2012-10-04 13:35
タイトル : 【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) /..
原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開) 第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ...... more
Tracked from Nice One!! .. at 2012-10-04 13:35
タイトル : 『最強のふたり』試写
2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。 いろいろ応募したらめ...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2012-10-04 23:13
タイトル : 最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCH..
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ...... more
Tracked from タナウツネット雑記ブログ at 2012-10-07 00:19
タイトル : 映画「最強のふたり」感想
映画「最強のふたり」観に行ってきました。 頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから始まる、フランスのヒューマンコメディドラマ作品。 今作は本来、日本では2012年9月1日から全国公開されているのですが、熊本ではど... more
Tracked from Akira's VOICE at 2012-10-07 10:48
タイトル : 最強のふたり
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。   ... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2012-10-15 21:26
タイトル : 最強のふたり
とっても良い映画だった。... more
Tracked from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 at 2012-12-07 19:16
タイトル : [映画][☆☆☆☆★]「最強のふたり」感想
 エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督・脚本。実話を基に、全身麻痺の富豪と、彼の介護人となった貧民層の黒人青年との交流と友情を描いたヒューマンストーリー。 「感動作」=「泣けるエピソードのパッチワーク」が常識化してしまった映画業界に、一石を投じる... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2012-12-08 15:30
タイトル : 「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が... more
Tracked from こんな映画観たよ!-あら.. at 2013-01-05 12:12
タイトル : 最強のふたり : 偽善を廃することの素晴らしさ
 昨日は仕事始めであいさつ回りをしましたが、今日は仕事が無いのお休みです。だったら、仕事がある初日にあいさつ回りしろよという意見があるとは思いますが、「そこが下請け稼... more
Tracked from いやいやえん at 2013-03-22 09:33
タイトル : 最強のふたり
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。 実話に基づいているそうですが、人と人の出会いって妙。縁なんだろうなあ…。互いが互いのありのままを受け入れていく、こんな素晴らしいことが他にあろうか。人の出会いの持つ意味が明るく肯定的に描かれていて、なんだかほっとする、あたたかい気持ちになる。 「いらないよ、情けなどね...... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2013-03-25 01:18
タイトル : 最強のふたり
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストーリ...... more
Commented by セレンディピティ at 2012-10-02 17:29 x
こんにちは。
最強のふたり、ヨーロッパで大ヒットというのは織り込み済みでしたし
TVCMも流れて、かなりプロモーションに力入れてましたね。
たしかにすてきな映画ですし、感動的でもあったけれど
私にはある意味、想定内… だったかな?
予告で何度も見てしまったので、その分
感動が薄れてしまった…というのはあると思います。
事前の情報が少ない方が、かえって
思わぬ出会いや発見、感動があるかもしれませんね。
Commented by rose_chocolat at 2012-10-04 13:38 x
こんにちは。
>日頃フランス映画など観ない人までがわんさか押し寄せている本作って?ちょっと許せない気がした
これは前評判がよかったですし、予告も楽しそうなので、わんさかと人が押し寄せるのでしょうね。特に中高年は口コミが大きいですから。

昨年のTIFFで何の先入観もなく、スチールだけでチケットを買って観ました。先入観がない方がこれはきっと楽しめるんじゃないかなと思います。
Commented by margot2005 at 2012-10-07 21:18
セレンディピティさん、こんばんは。

シアターでの予告は何度も、何度も見ましたが、TVCMとかもあったのですねやはり...
予告でも展開はかなり予想出来ましたね。そうなると感動は確かに薄れてしまいます。
こういった感動に値する映画の予告は見ない方が良いのかもしれませんね。

Commented by margot2005 at 2012-10-07 21:22
rose_chocolatさん、こんばんは。

>特に中高年は口コミが大きいですから...そうなんですか?ちょっと意外ですね。

観に行きませんでしたが、昨年のTIFFでの上映は知っていました
。その時からこの映画は評判になっていたから、こういったシネコンでの上映に至ったのでしょうね。
Commented by ブリ at 2012-10-14 07:26 x
やっぱり口コミにテレビの宣伝力が加わると爆発的な効果生みますね。
日比谷シャンテでは未だに2館上映してますからw。
確かに面白いし良い作品ではありますが「全米1位」とかごり押し感が(汗)。泣けるほど感動はできなかったな(それでも鼻をすする音が聞こえたが)。
Commented by margot2005 at 2012-10-15 22:46
ブリさん、こんばんは。書き込みありがとうございます。

さて本作はシアターの予告でもさんざん見ました。TVでもやっていたのですね。
そうシャンテでもまだ上映してます。
泣ける映画なのでしょうか?全く泣けないでシアターを出てしまいましたが... 。
<< 「コッホ先生と僕らの革命」 「ウェイバック -脱出6500... >>