「私が、生きる肌」

「La piel que habito」…aka「The Skin I Live In」 2011 スペイン
a0051234_2132651.jpg

ロベル・レガルに「ファム・ファタール/2002」「ボーダータウン/報道されない殺人者/2006」のアントニオ・バンデラス。
ベラ・クルスに「アラトリステ/2006」「美しすぎる母/2007」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」のエレナ・アナヤ。
マリリアに「パリ空港の人々/1993」「オール・アバウト・マイ・マザー/1998」のマリサ・パレデス。
ビセンテにジャン・コルネット。
監督、脚本は「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー/2002」「ボルベール/帰郷/2006」「抱擁のかけら/2009」のペドロ・アルモドバル。
a0051234_214379.jpg

本作はシャンテでの上映時間が中途半端で中々観に行けずあきらめかけていたが、アルモドバル&バンデラスということで興味があり20:00〜の最終回に観に行った。いやはやホラーというのか、あり得ない展開ながら興味深いミステリー・ドラマだった。
一言でいえば天才外科医の復讐劇か?結局最後は罰せられてしまったが..。

ドラマは時系列で描かれていない。ベラがいきなり現れるので、彼女は何処からきたのだろう?と興味津々となる。やがて過去に戻り、そうくるのか!と鮮やかな展開に驚いた。
しかしながら天才外科医ロベル・レガルはとんでもない男だ。監禁したある人物を実験台にして皮膚移植を行い、亡き妻そっくりの美女を作り上げるのだ。
ドラマが進んで行く上で、ロベルの過去が明かされて行く。それは、使用人のマリリアは彼の実母であったり、車の事故で全身大火傷を負った妻ガルの死因は最終的に自殺であったこと。そして精神を病んだ一人娘が同じく自殺を図り命を落としている。
もう破れかぶれのこの男には未来なんてものはない。そこで彼は狂気の世界へ突き進んでしまったのだろう。

ロベルは最先端のバイオテクノロジーを駆使した人口皮膚開発の権威である世界的な形成外科医という設定。スペイン、トレドにある豪邸の中にベラを監禁し、夜な夜な最先端のバイオテクノロジーに取り組む彼の姿はかなりホラーっぽくて笑える。

天才外科医役のアントニオ・バンデラス。数多のハリウッド映画に出演するスペイン出身俳優のスペイン映画は初めて観た気がする。バンデラスは顔が濃い(印象に残る)ので、はっきり言ってどのような役柄を演じてもバンデラスなのだ。で、過去の彼の役柄が走馬灯のように現れて困った。バンデラス好きなんだけど芸がないってこと?でも「エビータ/1996」じゃマドンナと歌い、ダンスも上手い。逆に芸あり過ぎかも?

ベラを演じたエレナ・アナヤは常にパンストのような肌色のボディ・ストッキングを身につけ身体が被れなかった?か心配。
マリリアの存在はアルモドバル作品に登場する肝っ玉マザーのイメージで完璧。
問われるほど悪い行いをしていないのに、リベンジから囚われの身となり実験台にされた美声年ビセンテが気の毒でならなかった。

TOHOシネマズ・日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2012-06-19 21:32 | スペイン | Trackback(21) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/15598939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2012-06-20 09:25
タイトル : 形成外科医の異常な愛情~『私が、生きる肌』
LA PIEL QUE HABITO THE SKIN I LIVE IN ܿŪҤǤʰΥ٥ʥȥ˥Хǥ饹 ϡٳιšȥĤŻä٥ʥʡʥˤؤƤ ϷΥᥤɡޥꥢʥޥꥵѥǥˤϥ٥äȴƻǤ ©ҥʥ٥ȡˤšˤäƤ롦 ڥεڥɥ?ɥХοꥹޥ Dz֥ѤΤΤȤ狼פȽɥХ Dz⤽⤷ʤȤˤïˤ⿿ǤʤѡĴŪ ݺ˺̿˥ɥɥ?顢˽ФԤϤ ʤ̵ͣ¾̵Ѥ...... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-06-20 21:11
タイトル : 私が、生きる肌〜仮面のかけら
ザ・ピーナッツをオマージュ? 公式サイト。スペイン映画、原題:La piel que habito。英題:The Skin I Live In。ペドロ・アルモドバル監督、アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・ ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2012-06-20 21:32
タイトル : 『私が、生きる肌』
□作品オフィシャルサイト 「私が、生きる肌」 □監督・脚本 ペドロ・アルモドバル □原作 ティエリー・ジェンケ □キャスト アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、       ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレス、...... more
Tracked from もっきぃの映画館でみよう.. at 2012-06-20 22:47
タイトル : <ネタバレあり>私が、生きる肌 変態と変身の異次元対決
巨匠ペドロ・アルモドバル監督作品は、私が映画ファンになった頃に見た オール・アバウト・マイ・マザー以降全部見ている。とはいうものの、理解度は 低く、ペネロペ・クルスが出演しなかったら見ていなかったであろう。でも、 ボルベールのペネロペが酒場で歌うシーンは...... more
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2012-06-20 23:09
タイトル : 私が、生きる肌
私が、生きる肌〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕クチコミを見る倒錯的な愛と歪んだ復讐が炸裂するアルモドバルの問題作「私が、生きる肌」。グロテスクで官能的な愛の物語。最愛の妻の ...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2012-06-21 00:45
タイトル : 私が、生きる肌
あの人的には、ある意味ハッピーエンドで結果オーライなのかな。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2012-06-21 04:34
タイトル : 私が、生きる肌
 スペイン映画『私が、生きる肌』をTOHOシネマズシャンテで見ました。  (本作はサスペンス映画のため、ネタバレの部分はできるだけ注記といたしますが、まずは映画館に足を運んでから本エントリをお読みいただければ幸いです) (1)予告編で面白そうだなっと思い、さら...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2012-06-21 09:56
タイトル : 私が、生きる肌/ La piel que habito ..
ランキングクリックしてね←please click 楽しみにしていたペドロ・アルモドバル監督最新作 今年も9/15〜19まで開催中(東京上映)のラテンビート映画祭にて鑑賞  京都、横浜でも続いて開催☆ 原作はティエリー・ジョンケ Thierry Jonquet 「蜘蛛...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2012-06-21 12:39
タイトル : 私が生きる肌
試写会で観ました。 天気も冷たい雨の降る中、以前劇場で予告を見た時から、この作品を鑑賞するには、よっぽど気力・体力共に充実してないと無理ではないか、と思っていて、本当に太刀打ちできるのか?(何に?)巨匠アルモドバルに取って喰われるんじゃないか、と、ドキドキで出向いた訳です。 しかも、予告篇では、ここまでグロいアルモドバルってあったかな?と感じていたので、その、何と言うか、生理的な危機感みたいなものも感じていました。 で、見終わって…確かにグロかったけど、同じ位美しかった。キッチンの野菜の色合...... more
Tracked from 食はすべての源なり。 at 2012-06-24 10:16
タイトル : 私が、生きる肌
私が、生きる肌(5/26公開) ★★★★★(★満点!) あなたは、これを愛と呼べるか スリリングで官能的な男と女の駆け引き、2人の関係に潜む“謎”、そしてアルモドバル×ゴルチエが創り出した完璧な美。 天才的な形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)は、救えなかった妻への想いから、完璧な人工皮膚を造ることに執念を燃やし、ある人物を監禁し実験台にし、亡き妻にそっくりな美女を創り上げるのだった。 久しぶりにみたヨーロッパ映画。楽しめました。しばらく余韻に浸りたい映画でしたわ。 (なんか腰が...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2012-06-30 09:08
タイトル : 究極ともいえる
19日のことですが、映画「私が、生きる肌」を鑑賞しました。 妻を亡くした形成外科医ロベル 彼はある人物を監禁して完璧な人工皮膚を移植、亡き妻へと作りかえてしまい・・・ ペドロ・アルモドバル監督作品 いやー 彼らしいというか・・・ 同監督作 「トーク・トゥ・ハ...... more
Tracked from こねたみっくす at 2012-07-01 21:14
タイトル : 『私が、生きる肌』
これってあり…なんですか? あのペドロ・アルモドバル監督なんである程度の衝撃は予想していましたが、これはその予想幅を大きく振り切ってます。なので「やられた〜!」という ...... more
Tracked from 労組書記長社労士のブログ at 2012-07-02 10:54
タイトル : 私が、生きる肌 まさかこんな映画だったとは!
【=24 -1-】 どんな映画なのか予告編で観ている限りでは想像が付かなかったのだけど、でも、なんか惹かれるものがあって観に行ってみた(駄目元くらいの気持ちで)、しかし!  人工皮膚の開発の権威で、世界的な形成外科医のロベル。その邸宅の一室にはベラという若い...... more
Tracked from Nice One!! .. at 2012-07-08 17:37
タイトル : 『私が、生きる肌』 (2011) / スペイン
原題: LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: アントニオ・バンデラス 、エレナ・アナヤ 、マリサ・パレデス 試写会場: ブロードメディア・スタジオ月島試写室 公式サイトはこちら。[2012年5月26日公開] 映画レビューサイ...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2012-10-21 10:12
タイトル : 映画『私が、生きる肌』を観て
12-51.私が、生きる肌■原題:La Piel Que Habito(英題:The Skin I Live In)■製作年、国:2011年、スペイン■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:6月23日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:ペドロ・アルモドヴァル□脚本:アグスティン・アルモドヴァル◆...... more
Tracked from いやいやえん at 2012-11-13 09:40
タイトル : 私が、生きる肌
これは衝撃的。真相には驚いたし、あまりにもアブノーマルな世界観に圧倒された。 ロベルは交通事故で妻を亡くしていた。人工皮膚の権威である彼は自ら開発した人工皮膚を使って、監禁している女性ベラを妻に作り上げていたのだ。 ある日、セカという男がやってきて、モニターに写ったベラの姿を見て、彼女を強姦する。この時帰宅してきたロベルは彼を射殺するのだが、ロベルは強姦されたベラとその日のうちに交わろうとするが「まだ痛い」そんな彼女の言葉はまだ疑う事もないものだったのだが…。 妻が死んだ理由がセカとの浮...... more
Tracked from 新・映画鑑賞★日記・・・ at 2012-11-19 17:02
タイトル : 私が、生きる肌
【LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN】 2012/05/26公開 アメリカ R15+ 120分監督:ペドロ・アルモドバル出演:アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレス、スシ・サンチェス あなたは...... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2013-01-05 22:34
タイトル : 私が、生きる肌
あなたは、 これを愛と呼べるか―― −感想− OH! シンジラレナーイ!! アブノーマルな世界が渦巻いてるね〜。 観ている途中までは「監禁マニア医師による変態観察」な内容だと思っていた訳よ。 ところが真相が明確にされた所でもっとぶっ飛んだ作品なんだと知らしめら...... more
Tracked from 小部屋日記 at 2013-01-08 11:35
タイトル : 私が、生きる肌
La piel que habito(2011/スペイン)【DVD】 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット あなたは、これを愛と呼べるかー ペドロ・アルモドバル監督による官能ミステリー。 主人公は天才形成...... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2013-02-06 15:42
タイトル : 「私が、生きる肌」
ペドロ・アルモドバル監督、アントニオ・バンデラス主演のサスペンス・ホラー、「私が... more
Tracked from こんな映画観たよ!-あら.. at 2013-05-14 13:16
タイトル : 私が、生きる肌 : 登場人物の驚愕の行動にドン引き!!
 本日の広島県南部、予想最高気温は27℃。5月の気温ではないですよねぇ。朝からバタバタやってますが、おデブの私は肉汁がとめどなく流れてきますよ。こんなだと、夏の暑さはドン... more
Commented by セレンディピティ at 2013-02-06 15:51 x
こんにちは。
「私が、生きる肌」ようやくDVDで見ました。
衝撃的ではあるけれど、エンターテイメント性があって
予想以上におもしろかったです。
ベラのおかあさん、ベラが行方不明になってからも
ずっと探し続けていたことがわかってほっとしました。
せめてもの救いでしたね。

↑ 「東ベルリンから来た女」実は初日に見に行ったのですが
なんと途中から寝てしまったのです…><
DVDになったらまた見直そうと思います。
Commented by margot2005 at 2013-02-07 22:25
セレンディピティさん、こんばんは。
DVDでご覧になったのですね。今一度見てみたい気もしますが、サスペンスは一度にしておきます。

>ベラのおかあさん、ベラが行方不明になってからも...
そうでした。でも息子が戻って良かった...娘に変身してましたが...
バンデラスのスペイン映画はあまり見てないのです。機会があれば過去の彼のスペイン映画を観てみたいものです。

「東ベルリンから来た女」..寝ちゃいましたか?私がウイークディの最終回に観た時ガラガラでしたね。数人の観客は私も含めて皆眠らずにがんばってました。
<< 「ファウスト」 「ジェーン・エア」 >>