「ジェーン・エア」

「Jane Eyre」2011 UK/USA
a0051234_1914595.jpg

ジェーン・エアに「アメリア 永遠の翼/2009」 「アリス・イン・ワンダーランド/2010」「キッズ・オールライト/2010」のミア・ワシコウスカ。
エドワード・フェアファックス・ロチェスターに「300/2007」「エンジェル/2007」「イングロリアス・バスターズ/2009」「SHAME -シェイム-/2011」のマイケル・ファスベンダー。
セント・ジョン・リバースに「リトル・ダンサー/2000」「ディファイアンス/2008」のジェイミー・ベル。
フェアファックス夫人に「NINE/2009」のジュディ・デンチ。
ジェーンの叔母ミセス、リードに「ウディ・アレンの夢と犯罪/2007」「17歳の肖像/2009」「わたしを離さないで/2010」のサリー・ホーキンス。
ダイアナ・リバースにホリデイ・グレインジャー。
メアリー・リバースにタムジン・マーチャント。
監督は「闇の列車、光の旅/2009」のキャリー・ジョージ・フクナガ。
a0051234_192077.jpg

a0051234_192933.jpg

シャーロット・ブロンテのジェーン・エアを読んだのって何年前だろう?でもあの結末は覚えていた。時にエミリー・ブロンテの「嵐が丘」とごっちゃになるが…。
何度も映画化されているが、過去に観たことがあるのはフランコ・ゼフィレッリ監督の1996年版「ジェーン・エアー」のみ。シャルロット・ゲンズブールとウイリアム・ハートのコンビは今イチだった。マイケルのファンだからってわけでもないが、本作の配役は良かった。

この時代の物語ってスゴく好きなので、是が非でも観たかった。イングランドのオックスフォードシャーやダービシャーで撮影された田園風景や古城は美しくため息が出る。ソーンフィールドの屋敷のシーンは暗い過去を持つ重い表情のロチェスターと薄暗いキャンドルの明かり...そしてバックに流れるクラシックなMusicが物語を盛り上げていて素晴らしかった。

ジェーンは叔母からイジメを受け、養育院へ追いやられる。そしてそこでも又イジメを受けるのだ。しかしジェーンは強かった。イジメに耐え、たった一人心を通わせた親友の死をも乗り越え成長する。
18歳になりソーンフィールド館の家庭教師となったジェーンは館の主人ロチェスターと出会う。二人が出会う森のシーンは幻想的で目を奪われる。
ジェーンとロチェスターは共に孤独であり、互いに本当の愛を知らなかった。辛辣な口調でジェーンに質問を浴びせるロチェスター。それに怯むこともなく受け答えるジェーン。ロチェスターは次第にジェーンの聡明さに気づき始める。そしてある夜、ロチェスターの寝室で火事が起こりジェーンが彼を助ける。“君は命の恩人だ。”と感謝するロチェスターの目にジェーンに対する愛情がしかと見えた。

ドラマはジェーンがソーンフィールド館から逃げて来た所から始まる。リバース兄弟に助けられ、やがて長男のセント・ジョンから結婚を申し込まれる。でもジェーンはロチェスターを忘れることが出来なかった。ラスト近く、ジェーンが身を置く荒涼なる大地から自分を呼ぶロチェスターの声が聞こえる(幻聴である)。馬車でロチェスターの元へ向かうジェーン…そして不朽の名作と称えられるLove Storyの結末へとつながる。あの辺りの展開は少々アレンジして現代のLove Storyにも使われている。

ジェーン・オースティンの「プライドと偏見/2005」のダーシーはロチェスター以上に辛辣さが強烈だった。でも所詮Love Storyなので辛辣な言葉を吐いていた貴族とヒロインは必ず結ばれるのだ。

まず“Dame”の尊称を持つジュディ・デンチは相変わらずの貫禄。
ジェーン役のオーストラリア出身のミア・ワシコウスカは「アリス・イン・ワンダーランド」のイメージが強いが、古典もの(19世紀半ばヴィクトリア朝時代)が似合っている。
先だってマイケルの「X-MEN:ファースト・ジェネレーション/2001」をwowowで観た。「SHAME -シェイム-」の彼はとてもファッショナブルだった。現代物も古典ものもどちらもOKな希有な俳優で、今後の公開作も楽しみだ。
何はともあれマイケル・ファスベンダーのあの声にはゾクっとくる。
a0051234_2238233.jpg

TOHOシネマズ・日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2012-06-17 19:50 | UK | Trackback(11) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/15583447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from foggyな読書 at 2012-06-18 21:37
タイトル : 映画『ジェーン・エア』
英国っぽい気分に浸れるかなと思って観てきました。 その期待は100パーセント満たされました。 荒涼たるムア。 広大で豪華だけれど寒々しくて暗いお屋敷。 嫌味な貴族。さげすまれる家庭教師。 そして粗食!! こういうのは英国の本物のお屋敷で、英国の俳優が演じてこそ。 (とか言いつつジェーン役な英国人じゃないけど) あまりにも有名な原作。だから意外性はゼロ。 しかもその原作が今の感覚からしたら不自然な筋立てなのだから、正直、感情移入はしにくいのです。さらに、私の場合、原作者...... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-06-18 23:32
タイトル : ジェーン・エア(2011)
19世紀的純愛ホラー 公式サイト。原題:Jane Eyre。シャーロット・ブロンテ原作、キャリー・ジョージ・フクナガ監督。ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダー、ジェイミー・ベ ...... more
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2012-06-18 23:49
タイトル : ジェーン・エア
Jane Eyre [Blu-ray]クチコミを見る封建的な時代に自分を貫き愛を勝ち取った女性の生き方を描く「ジェーン・エア」。何度も映画化された古典だが、今回はヒロインが魅力的だ。幼い頃に両 ...... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2012-06-19 09:41
タイトル : 「ジェーン・エア」
キャリー・ジョージ・フクナガ監督、ミア・ワシコウスカ主演の19世紀のラブ・ストー... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2012-06-23 06:37
タイトル : ジェーン・エア
 『ジェーン・エア』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)エミリー・ブロンテの原作の方は、なんだか少女趣味的な感じがしてとうとう手つかずのママ現在に至ってしまったところ、本作が公開されると耳にし、手っ取り早く名作の粗筋でも知っておこうというくらい...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2012-10-21 19:00
タイトル : 映画『ジェーン・エア』を観て
12-52.ジェーン・エア■原題:Jane Eyre■製作年、国:2011年、イギリス・アメリカ■上映時間:120分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月23日、TOHOシネマズシャンテ □監督:キャリー・ジョージ・フクナガ□原作:シャーロット・ブロンテ◆ミア・ワシコウスカ(ジェーン...... more
Tracked from 新・映画鑑賞★日記・・・ at 2013-01-17 12:51
タイトル : ジェーン・エア(2011)
【JANE EYRE】 2012/06/02公開 イギリス/アメリカ 120分監督:キャリー・ジョージ・フクナガ出演:ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダー、ジェイミー・ベル、ジュディ・デンチ 運命に妬まれた、魂で結ばれた愛。 [Story]幼い頃に両親を亡くし、冷血な伯母の...... more
Tracked from いやいやえん at 2013-01-21 09:16
タイトル : ジェーン・エア
ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダー共演。 お話はさすがに知っているので、ロチェスターの秘密の驚きとかはないのですが(予告編でもバレバレだし)、凛としたジェーンには好感を持ちます。映画はダイジェスト版な感じで原作をまとめていたように思います。 原作はシャーロット・ブロンテの古典的名作ですね。 時代がかった服装とか好みなので、目の保養になりました。あと、マイケル・ファスベンダーのロチェスターはなかなか素敵だったと思います。 女性が自分の意見を持ち自立しようとすることがタブーな...... more
Tracked from Some Like It.. at 2013-03-09 22:15
タイトル : ジェーン・エア
■「ジェーン・エア/Jane Eyre」(2011年・イギリス=アメリカ) 監督=キャリー・ジョージ・フクナガ 主演=ミア・ワシコウスカ マイケル・ファスベンダー ジェイミー・ベル ジュディ・デンチ ジョーン・フォンティーン、スザンナ・ヨーク、シャルロット・ゲン...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2013-05-09 22:40
タイトル : 「ジェーン・エア」(JANE EYRE)
英国の女流作家、シャーロット・ブロンテ(1816-1855年)の原作を映画化した文芸ラブロマンス「ジェーン・エア」(2011年、英米、120分、キャリー・ジョージ・フクナガ監督、ダリオ・マリアネッリ音楽)。この映画は、聡明で強い意志を兼ね備えたヒロインが、過酷な運命に立ち向かい、真実の愛を求めて自らの道を切り開いていく姿を描き出す。主演は「永遠の僕たち」のミア・ワシコウスカと、「SHAME-シェイムー」のマイケル・エアスベンダー。なお、本作は第84回アカデミー賞(11年全米公開)衣装デザイ...... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2013-09-27 06:18
タイトル : 「ジェーン・エア(2011年)」
ミアちゃん、やるじゃん!... more
Commented by セレンディピティ at 2012-06-19 09:40 x
こんにちは。
私も先週、「ジェーン・エア」を見てきました。
とてもすてきな作品でしたね。映像が美しくてため息でした。
主役の2人がよかったので、ミアの「アリス~」と、マイケルの「X-MEN~」も
見てみたくなりました。
Commented by margot2005 at 2012-06-22 19:44
セレンディピティさん。いつも書き込みありがとうございます。
ブロンテのジェーン・エアが読みたくなりました。

さてマイケル・ファスベンダーは過去の人物も未来の人物もOKな素晴らしい俳優だと思います。
8月公開予定の「Prometheus」が楽しみですね。
Commented by nonki at 2012-09-26 15:22 x
こんにちは。
わが街でやっと「ジェーン・エア」の上映が始まり観てきました。
美しく荒涼とした情景をバックに物語が繰り広げられ、結末を知っていても引き込まれました。
この時代の物語が好きでハマってしまいます。
本当に美しい良い映画でした。
Commented by margot2005 at 2012-09-28 23:08
nonkiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
「ジェーン・エアー」は二度観ました。

>この時代の物語が好きでハマってしまいます...
同感です!!わたしも18世紀から19世紀の物語が大好きで今だその時代の小説を読んでいます。
<< 「私が、生きる肌」 「ミッドナイト・イン・パリ」 >>