「クリスマスのその夜に」

「Hjem til jul」…aka「Home for Christmas」ノルウェー/スウェーデン/ドイツ
監督、製作、脚本は「ホルテンさんのはじめての冒険/2007」のベント・ハーメル。
a0051234_22111778.jpg

昨年観た映画のレビューがたまっていて、書くのはやめようかとも思ったが“ヨーロッパ映画”だけは外したくないので今更ながら....

クリスマスは終わり、年も開けた。映画を観たのはクリスマス・イヴ・イヴ・イヴのもっと前。
イヴを迎えたノルウェーの小さな町…とあるがロケされたのはドイツ??しかしながらとにかく雪景色が素晴らしく美しい!

エルサ&クヌート
ヨルダン&ヨハンヌ
カリン&クリスティン
トネ&パウル
トマス&ビントゥ
コソボ出身の男女

オープニングの殺伐とした風景から上に書いたカップルのショート・ストーリーが描かれラストへとつながる。
「ホルテンさんのはじめての冒険」のレビューにベント・ハーメルの「キッチン・ストーリー/2003」は見ていないと書いたが、その後見る機会に恵まれた。それはとても奇想天外なストーリーで、「ホルテンさんのはじめての冒険」」以上のものがあり、この監督の感性にそそられた気がする。
この映画もベント・ハーメルの感性で描かれた、クリスマスを舞台にした心温まるストリー。でも本作より「ホルテンさんのはじめての冒険」の方が好きかな?

ヒューマントラストシネマ有楽町にて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2012-01-28 22:17 | ヨーロッパ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/14542781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2012-02-08 23:20
タイトル : クリスマスのその夜に
クリスマス・イヴ。 妻に追い出され、子どもたちに会うこともできない男、イスラム教徒の少女に、「うちもそうだ。」と嘘をついてしまう少年、妻子と別れられない不倫相手に業を煮やした女、故郷に帰る電車賃もなくさまよう物乞いの男、妻に文句を言われながらも急患の連絡を受けて出かける医師。 彼らは今夜、大切な人とクリスマスを過ごすことができるのか…? ハートフル・ストーリー。 R-15。... more
<< ベルニーニの傑作を訪ねて... サン・ピエトロ大聖堂とヴァティ... >>