「マーガレットと素敵な何か」

「L'âge de raison」…aka「The Age of Reason」 2010 フランス/ベルギー
a0051234_2316277.jpg

マーガレットに「刑事物語/1984」「暗闇の女たち/2007」のソフィー・マルソー。
マーガレットの恋人マルコムに「キングダム・オブ・ヘブン/2005」「イーオン・フラックス/2005」のマートン・ソーカス。
公証人メリニャックに「親密すぎるうちあけ話/2004」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」「プチ・ニコラ/2009」「隠された日記 母たち、娘たち/2009」のミシェル・デンショーソワ。
マーガレットの幼なじみフィリベールに「真夜中のピアニスト/2005」のジョナサン・ザッカイ。
監督、脚本は「世界でいちばん不運で幸せな私/2003」のヤン・サミュエル。
a0051234_23161553.jpg
a0051234_2316380.jpg
a0051234_231554100.jpg
a0051234_23154633.jpg

仕事もラヴ・ライフも絶好調のマーガレットは40歳のバースデイを迎えたその日、公証人と名乗るおじいさんメリニャックの訪問をうける。そして彼はマーガレットに1通の手紙を差し出す。それはあろうことか7歳の時のマルグリット(大人になってから英語読みのマーガレットに変えている)自身からの手紙だった。手紙を読み進むうち幼い頃辛い生活を送った記憶が蘇りマーガレットはパニック状態に陥る。しかしその後も過去の自分からの手紙が届き、向き合うことを恐れ、封印していた過去にマーガレット渋々立ち向かう決意をする...

フランスの著名女優の一人であるソフィー・マルソー…彼女が主演するフランス映画って意外にシアターで観ていない。「007/ワールド・イズ・ナット・イナフ/1999」とか、メル・ギブソンの「ブレイブハート/1995」のようなInternational映画は観ているのだが…ルーヴル美術館でロケされたお気に入り映画「ルーヴルの怪人/2001」もDVDだった。
2008年の3月と9月にそれぞれ“フランス映画祭2008”と“フランス映画の秘宝”が開催され上に書いた2本のソフィー映画をシアターで観ることが出来た。

「世界でいちばん不運で幸せな私」の監督らしいファンタジーなハートフル・コメディで微笑ましい展開が素敵だ。
ソフィー演じるマーガレットは恋人でもあるマルコムとコンビを組み巨大プラントの海外への売り込みに闘士を燃やすキャリアウーマン。しかし彼女とて一人の人間。売り込み交渉に入る前、不安をもみ消すかのようにマーガレットは偉大なる他人になりきる。チェストに入った著名なる女性たちのポートレート…今日は“ココ・シャネル”明日は“エリザベス・テイラー”そして次の日は“マリア・カラス”…といった案配。世界中に知れ渡るパワフルな女性たちからエネルギーをもらい自身を奮い立たせるなんて、なんとトレヴィアンなアイデアかと関心する。

幼なじみを封印するのはかまわないが、実の弟まで封印し、何年も会わなかったマーガレットにはびっくりだった。でもまぁファンタジーなので深く考えないで、シアターにいる間はハートフルな気分になれる。

実際は45歳のソフィー・マルソーがかなりキュート。ボディ・コンシャスなスーツに身を包んだソフィーはナイス・バディだ。幼なじみのフィリベールと会う際にはいていたパンタロンが実に懐かしい。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2011-11-28 23:25 | フランス | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/14085418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Cartouche at 2011-11-30 21:05
タイトル : *マーガレットと素敵な何か*
           ***STORY***              2010年  フランス=ベルギー            キャリアウーマンのマーガレット・フロール(ソフィー・マルソー)は、ココ・シャネルやエリザベス・テイラーなど理想の女性に自分を重ねながら、同僚でパートナーでもあるマルコム(マートン・コーカス)とともに、プラントを売る仕事に没頭している。マーガレットの40歳の誕生日、公証人と名乗る老人が家族のことで署名がほしいと職場にやってくる。   ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2012-01-08 11:17
タイトル : 「マーガレットと素敵な何か」 大切な宝箱を開ける鍵
マーガレットはバリバリのキャリアウーマン。 彼女が40歳の誕生日を迎えた時、彼女... more
Commented by rollei33 at 2011-12-09 05:29
突然、コメントいたしまして申し訳ございません。

素敵な映画のご紹介ありがとうございます。

この週末、見ます。

ソフィーさん、自分の職場にいる方とそっくりです!
Commented by margot2005 at 2011-12-11 22:07
rollei33さん、こんばんは。コメントありがとうございます!

映画ご覧になったかな?

職場の誰かに似ているって??そういやソフィー・マルソーってフランス人ぽくないですね。
Commented by rollei33 at 2011-12-12 22:52
すみません。

忘れてました。

......忘れてました。

Commented by margot2005 at 2011-12-14 22:38
rollei33 さん、こんばんは。

お忘れなきように...。
<< 「スウィッチ」 「ブリッツ」 >>