「ミラル」

「Miral」 2010 フランス/イスラエル/イタリア/インド
a0051234_2315735.jpg

ヒンドゥ・フセイニに「シリアの花嫁/2004」「ミュンヘン/2005」「マリア/2006」「画家と庭師とカンパーニュ/2007」「扉をたたく人/2007」「リミッツ・オブ・コントロール/2009」のヒアム・アッバス。
ミラルに「スラムドッグ$ミリオネア/2008」のフリーダ・ピント。
ジャマールに「シリアナ/2005」「マリア/2006」のアレクサンダー・シディク。
ハーニに「ミュンヘン」のオマー・マトワリー。
ナディアに「キャラメル/2007」のヤスミン・アル・マスリー。
ファーティマにルバ・ブラル。
エディに「インサイド・マン/2006」「パリ、ジュテーム/2006」「フェアウェル/哀しみのスパイ/2009」「アンチクライスト/2009」のウイレム・デフォー。
ベルタに「上海の伯爵夫人/2005」「いつか眠りにつく前に/2007」「つぐない/2007」「ジュリエットからの手紙/2010」のヴァネッサ・レッドグレーヴ。
監督は「潜水服は蝶の夢を見る/2007」のジュリアン・シュナーベル。
a0051234_23145619.jpg
a0051234_23144792.jpg
a0051234_23143815.jpg
a0051234_2314304.jpg

“パレスチナ問題”を描いてはいるが、軸はイスラエルに生きるヒンドゥ、ミラル、ナディア、ファーティマのパレスチナ人女性4人。これは人間ドラマであり、実話である。1994年に亡くなったヒンドゥの葬儀から始まり、その後は回想の形で進行する。

1948年、イスラエル建国宣言の1ヶ月前のエルサレムの路上にはユダヤ民兵組織により親を殺され、孤児となった55人の子供たちがいた。ヒンドゥ・フセイニは泣き叫ぶ彼らを保護し、自らの資産を投じて孤児を収容する施設を創設する。その学校はダール・エッティフル(子供の家)と命名される。
義父に犯され耐えきれなくなったナディアは家を飛び出す。そして小さな事件を起こした彼女は刑務所に収監され、そこで元看護士だったファーティマと出会う。後にナディアは彼女の兄ジャマールと結婚する。ナディアにはミラルという一人娘がいたが、心身共に絶望した彼女は入水自殺する。
母を亡くし、7歳になったミラルは父ジャマールに伴われ“ダール・エッティフル”の門をくぐる。そしてヒンドゥは彼女を優しく迎え入れる。やがて17歳に成長したミラルが子供たちに勉強を教えるため難民キャンプへと向かう。そこで彼女が目にしたこと…住民たちの家を破壊しにやって来たイスラエル軍。しかし住民たちは何もせずただ耐えているだけ。ヒンドゥに訴えても返って来る答えは同じ“耐えなさい。”だった。やがて若き活動家ハーニと出会い、彼が掲げる理想に共感したミラルはイスラエルに敵対心を抱くようになる。そしてそれは恩師ヒンドゥや父ジャマールの願いを裏切ることだった。

過酷な運命に翻弄されながらも強く生きたミラルは後に世界的なジャーナリストとなる。この女性の意志の強さ、逞しさは尊敬に値する。

イスラエル、ナザレ生まれのInternational女優ヒアム・アッバスにはうってつけの役柄。ミラルを演じたフリーダ・ピントに関しては「スラムドッグ$ミリオネア」のイメージが抜けなくて…特にラストのダンス・シーンとか…なのでアラブ人役は少々違和感あった。
チラシに“ラストシーンは、観る者の心を揺さぶってやまない。”と記されているが、観終わって“パレスチナ問題”についてもうちょっと知識があれば良かったなと痛切に感じたことと、ポール・ニューマン主演の名作「栄光への脱出/1960」を思い出した。

お気に入りの個性派俳優ウイレム・デフォーは、ヴァネッサ・レッドグレーヴ演じるベルタの甥エディ役。ヒンドゥにほのかな想いを寄せる軍人役で、数シーンにしか登場しないが、相変わらずこの方存在感あり。

渋谷 ユーロスペースにて
[PR]
by margot2005 | 2011-08-28 23:25 | フランス | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/13397801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2011-08-29 23:13
タイトル : ミラル
 『ミラル』を渋谷のユーロスペースで見てきました。 (1)パレスチナを舞台とする作品ですが、予告編で見て良さそうだなと思い、また、『潜水服は蝶の夢を見る』(2008年:昨年9月12日の記事の中でも、若干触れています)の監督ジュリアン・シュナーベルの作品でもあるこ...... more
Tracked from 象のロケット at 2011-08-30 08:25
タイトル : ミラル
私財を投じ1948年に“ダール・エッティフル(子供の家)”という孤児のための学校を設立したヒンドゥ、継父からの性的虐待に耐えきれず家出したナディア、看護師からテロリストになってしまったファーティマ、ダール・エッティフルで教育を受け、後にジャーナリストとなったミラル(本作の原作者)。 エルサレムで生きる4人のアラブ人(パレスチナ人)女性の歩みを綴る、実話から生まれた社会派ヒューマンドラマ。... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2011-09-12 11:30
タイトル : 未だ和平に至らず〜『ミラル』
MIRAL 1947ǯҥɥʥҥࡦåХˤϻꤲǤ̱ʼ˿Ƥ 줿ѥ쥹ʤλҤɤ⤿Τλߤ롣ǰäߥʥ ꡼ԥȡˤϡ̱פǸ饨뷳˽˾׷ȿ 饨βư˷ݤƤ椯 ߥȤϡƻü˺餯֤֡סΤȤȤ饨βΥѥ쥹 ʤޤ줿ͤξȴ֤βڤϮʤ⡢ ­̿ڤ곫Ƥ椯Ѥꥢʡ٥뤬ҥ ࡦåХ˻äʤΤꡢɤƤѤäѥ쥹 ˴ؤƤ͡ʰոȤϻפɡ¿˴ѤƤ ʡ ϡֹסʤ...... more
<< 「未来を生きる君たちへ」 「この愛のために撃て」 >>