「この愛のために撃て」

「À bout portant」…aka「Point Blank」2010 フランス
a0051234_23402858.jpg

サミュエルに「世界でいちばん不運で幸せな私/2003」「ナルコ/2004」「輝ける女たち/2006」「PARIS パリ/2008」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」「アデル/ファラオと復活の秘薬/2010」のジル・ルルーシュ。
ナディアに「アラトリステ/2006」「美しすぎる母/2007」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2」のエレナ・アナヤ。
サルテに「あるいは裏切りという名の犬/2004」「約束の旅路/2005」「ゴー・ファースト 潜入捜査官/2008」のロシュディ・ゼム。
ヴェルネールに「輝ける女たち」「シークレット・ディフェンス(WEAPONS)/2007」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2」のジェラール・ランヴァン。
監督、脚本は「すべて彼女のために/2008」のフレッド・カヴァイエ。
a0051234_2340174.jpg
a0051234_2340843.jpg
a0051234_2340022.jpg

パリ市内の病院で働く看護助手サミュエルは愛する妻ナディアと幸せな日々を送っていた。彼女は出産間近で、生まれるまで出来うる限り安静に過ごすようドクターから宣言される。しかしある日、帰宅したサミュエルは何者かに突然襲われ、ナディアが誘拐された事に気づく。やがて誘拐犯から、3時間以内に一人の入院患者を病院から連れ出せ!との指令が入る。その患者とは、昨晩起きた事件で交通事故に合い重体で運び込まれた容疑者サルテその人だった...

こちらはフランス映画祭2011で上映された。今年は上映作品に配給付きが多いのと、開催日が短いためフランス映画祭はパスした。映画祭、年々開催日時が短くなって行って寂しい限り。

本編上映前、ポール・ハギスによる「すべて彼女のために」のハリウッド・リメイク「スリーディズ」の予告がかかった。ラッセル・クロウ主演のハリウッド版はかなり派手な展開になる様子だ。都内では9/23公開予定。ラッセル好きだしきっと観に行くだろうな。

主演はおなじみのフランス人俳優ジル・ルルーシュ。「アデル/ファラオと復活の秘薬」での笑える警部役を思い出し、今回は全編シリアスな顔で頑張ってるなぁと関心。まぁ大事な、大事な身重の妻を助けるのだから、笑っちゃいられないけど…。
フレッド・カヴァイエは二匹目のドジョウを狙った様子。しかしながら「すべて彼女のために」には及ばなかったし、同じような展開に新鮮みは感じられず、期待しないで観に行って良かった(期待していたら気落ちしていたかも…?)。

“生まれるまで安静にしていなさい。”とドクターに宣言された身重の妻。そんな彼女が誘拐されてしまう。ノーマルな身体でも愛する妻が誘拐されれば夫はかなり焦るに違いない。しかも尋常じゃない身体の妻が誘拐され焦りまくる。こんな事って現実にはほぼあり得ないので、なんとも分からないが、こんな時の人間の気持って計り知れないくらい悲壮なんだろうな?
とにかく愛する妻を取り戻すため全力で“悪”に立ち向かって行く夫サミュエル。しかしそこには想像を絶する陰謀が存在したのだ。それも警察の…。

前作ではただひたすら妻を救い出す計画を練り、実行に移す夫の姿が新鮮だった。今回は警察の陰謀とかも取り入れ、アクション・シーンも加わったが、どうも面白みに欠ける展開で歯がゆい思いだった。

フランスのアクションはホントに過激だ。ハリウッドの刑事物とは少々趣が異なる。徹底的に痛めつける様とか、陰湿な感じもする。やはりギロチン開発国か?

ジル・ルルーシュも頑張っていたけど、殺し屋役のロシュディ・ゼムがクールだ。悪徳警察官に扮したジェラール・ランヴァンはいつもながら素敵なフランス俳優。

有楽町 スバル座にて
[PR]
by margot2005 | 2011-08-23 23:49 | フランス | Trackback(13) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/13354786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2011-08-25 19:41
タイトル : この愛のために撃て
パリ在住の男性看護助手サミュエルは、妊娠中の妻ナディアの出産を心待ちにしていた。 ところが謎の侵入者に妻が誘拐されてしまい、「お前が勤務している病院に入院している男を外へ連れ出せ。」という脅迫電話がかかってくる。 タイムリミットは3時間。 その患者は銃で撃たれたサルテという凶悪犯で、警察が警護する中、サミュエルはまだ満足に動けないサルテを寝台ごと運び出したのだが…。 サスペンス。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2011-08-29 23:16
タイトル : この愛のために撃て
 『この愛のために撃て』を渋谷のユーロスペースで見ました。 (1)事前の情報がほとんど何もなかったところに、「ふじき78」さんが、そのブログ「ふじき78の死屍累々映画日記」の8月27日の記事において、「大傑作だ」とか「いやあ、おもろいよ」と述べていて、ちょうど夏...... more
Tracked from soramove at 2011-09-10 00:55
タイトル : 映画「この愛のために撃て」知らない俳優ばっかり登場、で..
「この愛のために撃て」★★★★ ジル・ルルーシュ、エレナ・アナヤ、 ロシュディ・ゼム、ジェラール・ランヴァン、 ミレーユ・ペリエ、クレール・ペロー主演 フレッド・カヴァイエ監督 85分、2011年8月6日公開 2010,フランス,ブロードメディア・スタジオ (原作:原題:A BOUT PORTANT) <リンク:>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告を見た時、知ってる俳優が全くいなくて B級の臭いが漂う感じで レンタルまで待ってもいいかなと思ってたが 時...... more
Tracked from 新・狂人ブログ~暁は燃え.. at 2011-10-07 18:46
タイトル : 「この愛のために撃て」感想
 ハリウッドリメイクでも話題となった「すべて彼女のために」のフレッド・カヴァイエ監督最新作。誘拐された愛する妻を取り戻すため、最悪の状況で孤軍奮闘する中年准看護士の姿を描、くアクションサスペンスムービー。  正直、ここ最近の単館系とフランス映画にはピンと... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2011-10-09 00:45
タイトル : この愛のために撃て A BOUT PORTANT
今週水曜日、突然の冬到来。 一気に気温が下がった上に、雨  そんな中映画を見に横浜へ。 コンビニで飲み物を…でも冷たい飲み物はちょっとと躊躇っていたのですが 流石コンビニ! この日はあったかい飲み物販売していました ホッカホカ〜。 痒いところに手が届く、コ...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2012-02-16 22:19
タイトル : 『この愛のために撃て』'10・仏
あらすじパリ市内病院勤務の看護助手サミュエルは妻が誘拐され、脅迫の電話がかかってくる・・・。感想『スリーデイズ』として、ハリウッドでリメイクされた『すべて彼女のために』...... more
Tracked from 虎団Jr. 虎ックバック.. at 2012-02-16 22:26
タイトル : 『この愛のために撃て』'10・仏
あらすじパリ市内病院勤務の看護助手サミュエルは妻が誘拐され、脅迫の電話がかかって... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2012-03-06 00:10
タイトル : この愛のために撃て
最後までハラハラできる展開で大変面白いフレンチノワールだった。... more
Tracked from いやいやえん at 2012-03-10 08:43
タイトル : この愛のために撃て
「ラスト3デイズ~すべて彼女のために~」の監督さんです。 同じように、妻が窮地に立たされそれを救いに奔走する夫と言う図ですが、そこはやはり監督のセンスなのか、スピード感あるテンポのいい演出で引きこまれていきます。 「入院中のサルテを連れ出してこい」この無茶苦茶な要求に妻の命がかかっているため、サミュエルは従うしかない。しかしサルテの事件には汚職警官ヴェルネールが絡んでおり、富豪殺人事件とどう話が転んでいくのか全く予想がつかない状況に。とくに後半の大混乱な警察署内での攻防は、本当に緊張しまし...... more
Tracked from Subterranean.. at 2012-03-11 09:10
タイトル : この愛のために撃て (À bout portant)
監督 フレッド・カヴァイエ 主演 ジル・ルルーシュ 2010年 フランス映画 84分 サスペンス 採点★★★★ 子供が3人いるんですけど、上の子2人の出産には立ち会えなかった私。女房が出産に向け入院中だった上に私は仕事の都合で県外に居たんで、「さっき産まれたよー…... more
Tracked from 新・映画鑑賞★日記・・・ at 2012-03-19 11:40
タイトル : この愛のために撃て
【A BOUT PORTANT】 2011/08/06公開 フランス 85分監督:フレッド・カヴァイエ出演:ジル・ルルーシュ、エレナ・アナヤ、ロシュディ・ゼム、ジェラール・ランヴァン、ミレーユ・ペリエ、クレール・ペロ、ムーサ・マースクリ、ピエール・ブノワ、ヴァレリー・ダッシュウ...... more
Tracked from LIFE ‘O’ THE.. at 2012-11-25 10:36
タイトル : この愛のために撃て
わたくしが活用している映画サイト。 映画を観た感想を簡単にメ... more
Tracked from cinema-days .. at 2017-06-23 23:52
タイトル : 『この愛のために撃て』
この愛のために撃て パリ市内の病院に勤務する看護助手が、 人質に取られた身重の愛妻を救い出す為、 必死で奔走するさまを描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:à bout portant(至近距離)... more
<< 「ミラル」 「おじいさんと草原の小学校」 >>