「人生、ここにあり!」

「Si può fare」…aka「We Can Do That」2008 イタリア
a0051234_192914.jpg

ネッロに「ニルヴァーナ/1996」のクラウディオ・ビシオ。
サラに「イタリア的、恋愛マニュアル/2005」のアニタ・カプリオーリ。
フルラン医師に「愛と欲望 ミラノの霧の中で/2006」「まなざしの長さをはかって/2007」のジュゼッペ・バッティストン。
デルベッキオ医師に「イル・ディーヴォ/2008」のジョルジュ・コランジェリ。
監督、脚本にジュリオ・マンフレドニア。
a0051234_1923419.jpg
a0051234_1922539.jpg
a0051234_1921731.jpg

1978年、イタリア。“バザーリア法”の制定により精神病院廃絶法が制定され、無制限に患者を収容することが禁じられ、次々に精神病院が閉鎖されていった。そして1983年、ミラノに住む労働組合員のネッロは革新的な考え方が災いし左遷の憂き目に合う。やがて彼は精神病院から出された元患者たちの共同組合運営をまかされる。偏見を持たないネッロは毎日無気力に過ごす彼らと新しい職場で出会い“仕事をして金を稼ごうではないか!”と持ちかける。が、超個性的な彼らは考え方がバラバラでまとまるわけがない。それでもなんとかしなければと諦めないネッロは、彼らの密かな才能を発見し、“床貼り”の仕事を選ぶ…

平日の昼下がり、シアターはほぼ満員で驚いた。周りを見渡せば夏休みとは全く関係のない中高年男女と、若い女性が殆ど、子供が観る映画でもないのにエラいにぎわいだった。

こういった映画を観ていつも感じるのは特殊な役柄を演じる俳優たちの成りきりぶり。それは常に驚かされる。
かつて日本でも“精神病院”と呼ばれていた名称、今日では“心療クリニック”とか“メンタル・クリニック”と表現されている。

イタリア映画祭2009年で公開された時は原題の“やればできるさ”というタイトルがついていた。あいにく映画祭では見逃したが、今回一般公開され観る事が出来た。原題の“やればできるさ”そのものズバリの展開。精神を病む人々が主人公…一度だけ悲しい出来事は起きるが、ユーモアを交えながらほのぼのとして、観ているものの心をも温かくする素敵な人間ドラマだった。

ネッロが“床貼り”の仕事を思いついたのは,彼らが内職で封筒に切手を貼る様を見たからだった。個性豊かな彼らは決して同じ位置に切手を貼らない。束ねて見ると貼られた切手がまるでモザイクのような状態になっているのだ。

恋人サラと同居中のネッロは彼女との生活よりも、元患者たちとの仕事を優先しサラに呆れられている。でもネッロにとって元患者の彼らはまるで自身の大事な子供たちのように大切な存在なのかも知れない。演じるクラウディオ・ビシオがスゴく良かった。元患者を演じる俳優陣は語るまでもなく最高!
シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2011-07-31 19:26 | イタリア | Trackback(12) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/13174165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2011-08-02 01:39
タイトル : 人生、ここにあり!
精神病院を廃絶する法律・バザーリア法の制定によってイタリアで実際に起こった話を映画化。地域社会の中で実際に働きながら共存を目指す患者たちと、それを導く主人公の奮闘を描いたヒューマンコメディだ。監督は本作が本邦初公開となるジュリオ・マンフレドニア。本国イタリアではイタリア・ゴールデングローブ賞を獲得した大ヒット作品だ。... more
Tracked from 象のロケット at 2011-08-02 16:11
タイトル : 人生、ここにあり!
1983年、イタリア・ミラノ。 中年男ネッロは、病院所属の「協同組合180」へ左遷される。 そこでは、廃止となった精神病院から出された元患者たちが、名ばかりの作業をしながら無気力に時を過ごしていた。 ネッロは彼らを集め、組合の制度に基づいて会議を開く。 会議とは言えないような会議で何とか採択されたのは、“床貼り”の仕事をして稼ぐということだったのだが…。 実話から生まれた社会派ヒューマンドラマ。... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2011-08-02 21:22
タイトル : 人生、ここにあり!
公式サイト。原題:Si Puo Fare(やればできる)。ジュリオ・マンフレドニア監督、 クラウディオ・ビジオ、アニータ・カブリオーリ、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ、 ...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2011-08-04 00:22
タイトル : ヨーロッパ推奨映画(2)人生、ここにあり! si puo..
優れたヨーロッパ映画を続けて×4も観たので、その感想シリーズ。 今日は、その第二弾を。 前作同様、実際にあった話を映画化。 1980年代のイタリア、ミラノ。 正義感が強いがゆえに異端児扱いされ、突然 左遷された労働組合員 ネッロ(写真、右) わけもわからず、異...... more
Tracked from お花と読書と散歩、映画も好き at 2011-09-26 15:12
タイトル : 映画・人生、ここにあり!
2008年 イタリア原題 Si Puo Fare(やればできるさ!) 1978年、イタリアで制定されたバザリア法により次々と精神病院が閉鎖されました「自由こそ治療だ」という画期的な考え方から、病院に閉じ込められ人間らしい扱いを受けてこなかった患者たちを一般社会で生活させ...... more
Tracked from Healing at 2011-10-09 16:14
タイトル : やっぱ好きだわ、イタリア『人生、ここにあり!』
人生、ここにあり! ★★★★★ シネスイッチ銀座ほか、全国順次ロードショー中 (どんどん上映館が増えていってるようですね。 詳しくはこちら) 原題『SI PUO FARE』(やればできる)のとおり! 何とかなるよ、やってみれば 舞台は1983年の、イタリア・ミラノ。 世界初の精神科病院廃絶法である、通称「バザーリア法」が制定され... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2011-10-26 00:23
タイトル : [映画『人生、ここにあり!』を観た(短信)]
☆八王子シネマで公開されていて、なかなか時間が合わなかったのだが、やっと観れた!  しかも、偶然にも、初めて「メンズデー(男1000円)」なる日にあたったゾ^^  とてもいい作品だった。  話は、あまりにも激しく真摯過ぎる組合活動を続けてきた主人公ネッ...... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2011-11-07 20:09
タイトル : 人生、ここにあり!
イタリア映画といえば、昔は華やか〜でした。 ソフィア・ローレンやマストロヤンニ、ジーナ・ロロブリジタ、クラウディア・カルディナ―レ、 ロッサノ・ブラッツイにジュリアーノ・ジェンマ、皆さんハリウッド映画によく出演しておられたので 多くの俳優さんや監督の名前を...... more
Tracked from 映画とライトノベルな日常.. at 2011-12-12 09:47
タイトル : 人生、ここにあり!
“笑って泣いて、生きていることの素晴らしさを実感しました” おすすめ度:★★★★☆ 2011年12月11日  新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞(12月23日まで上映) 精神疾患にかかり入院したり施設いる人々は、薬の影響で無気力であり動作も緩慢です。そして医師やスタッフ(関係者だけではなくそうした病気のことを知らない普通の人も)は彼らを常に上から目線で扱っていることが多いのです。 ネッロが最初に組合にやってきた時に、自分はみんなの同僚だと自己紹介し、彼ら一人一人を“さん”をつけて呼びました。同じ...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2012-01-15 13:28
タイトル : 人生、ここにあり!
素敵な作品だった。... more
Tracked from C'est j.. at 2012-01-23 21:04
タイトル : 人生、ここにあり!
人生、ここにあり! '08:イタリア ◆原題:SI PUO FARE ◆監督:ジュリオ・マンフレドニア ◆出演:クラウディオ・ビジオ、アニタ・カプリオーリ、ジュゼッペ・バッティストン、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ ◆STORY◆1983年のイタリア、ミラノ。新し...... more
Tracked from いやいやえん at 2012-06-07 10:19
タイトル : 人生、ここにあり!
法律によって精神病院が廃止された国・イタリアで起こった実話を映画化。 元患者達が前向きに仕事して生活していこうと奮闘する姿と挫折から再起する姿は観てよかったなーと思えるものでした。今の私には一番効いたな。イタリア気質の明るい雰囲気がまた良かったんですよね。 日本だとこうはいかない。私は治りましたといったが直後、強制入院、薬漬けの毎日です。異質なものを排除する湿った空気がそこに流れてる。 1978年に制定されたバザリア法によって、イタリアに精神病院がないというのを初めて知りました。ではどう...... more
<< 「グッド・ハーブ」 「黄色い星の子供たち」 >>