「光のほうへ」

「Submarino」2010 デンマーク/スウェーデン
a0051234_23441086.jpg

ニックにヤコブ・セーダーグレン。
ニックの弟にペーター・プラウボー。
ソフィーにパトリシア・シューマン。
イヴァンにモーテン・ローセ。
監督、脚本は「セレブレーション/1998」のトマス・ヴィンターベア。
a0051234_23441976.jpg

兄弟に父親はいない。二人の母親はアル中で、育児はせず、幼い赤ん坊の弟は兄弟が育てている。酔っぱらって帰って来た母親…息子たちに”家に酒はあるか?”と尋ね、“ない!”と答えるニックに怒りをぶつけ、彼の頬を打つ。やがて疲れ果てた彼女はキッチンで眠り始める。床に粗相をした母親を非難しながら、床を拭くニック。そしてある日、赤ん坊が突然死する。兄弟は赤ん坊の死に責任を感じ、心に大きな傷を抱えたまま大人になる。
兄ニックは刑務所帰りでシェルターと呼ばれる臨時宿泊施設で酒びたりの生活を送っている。別れた恋人アナを想いながら、同じ施設のソフィーに慰みを求め、ただ身体を鍛える日々。一方弟は交通事故で妻を亡くして以来、一人息子を育てている。この父親は最愛の息子が生きる支えでありながらドラッグとは縁が切れず、自立も出来ない。やがて二人は母親の葬儀で再会する。

ニックという男はなんと心優しい人間なのだろう。少年時代は幼い弟を慈しみ、大人になった今では、殺人を犯したアナの兄イヴァンをかばったため、逆に彼が逮捕されてしまう。
雪の舞う刑務所の庭でばったり出くわす兄弟。二人とも塀の中だ。あの時兄弟が交わすまなざしにとてつもなく深い愛情が感じられた。ニックと弟はもっと早くに再会し、互いに助け合うべきだった絶対に…。

兄弟はシングル・マザーの母親から全くといってよいほど愛情をもらえなかった。しかしニックは元恋人アナが妊娠したにも関わらず中絶したことをいつまでも後悔しているし、弟の方は一人息子が生き甲斐なくらい深い愛情を抱いている。
二人が再会した時、ニックが弟の息子マーティンのことを気にかけ“この子が気がかりだ。”と、とても心配そうに言う。弟が“兄さんは子煩悩だから…”と言う台詞もあったが、母親から全く愛情をもらわないで育った彼らがとても愛情深い大人に成長していることに驚かされた。

少年時代のニックと弟はとても不幸せだった。彼らの母親が亡くなり再会した二人、その時もとても不幸せだった。やがて二人はどん底に落ちて行くかのごとく不幸せ極まりない状況に陥り始める。しかし、ラスト…タイトルにある“光のほうへ”向かう兆しが見えてほっとした。

とっても、とっても暗い映画ながら感動してしまった。ラスト、教会のシーンにはジーンときて泣けそうだった。
貧困/酒/ドラッグ…ヨーロッパってドラッグ中毒者が多い(アメリカもだが)。以前スイス、レマン湖のほとり、観光客が知らない所にヘロイン中毒者が集まり、そこは注射針のゴミで山になっていた映像を見て驚いたのを思い出す。
コペンハーゲンの美しい街でも、売人であるニックの弟が駅周辺でドラッグを売るシーンは印象深い。

ニックを演じるヤコブ・セーダーグレンの優しまなざしはベン・アフレックに似ているな。久方ぶりに間違いなくマイベストに入れたい映画。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2011-06-18 00:00 | MINI THEATER | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/12907807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2011-07-24 06:07
タイトル : 光のほうへ
 『光のほうへ』をシネスイッチ銀座で見てきました。 (1)昨年『誰がため』を見て感動したことでもあり、デンマーク映画ならハズレはないと思い、映画館に足を運びました。  実のところ、この映画も『誰がため』同様、かなり深刻な内容です。  ただ、『誰がため』と同...... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2011-08-24 15:10
タイトル : 『光のほうへ』
死に対する負い目にもがき、 守れなかったものへの傷を疼かせ、 光の届かぬ割れ目の淵で、兄弟は再会を。 今こそ小さな白い命を守り抜こうと。 『光のほうへ』 Submarino 2010年/デンマーク/114min 監督・脚本:トマス・ヴィンターベア 出演:ヤコブ・セーダーグレ... more
Tracked from rambling rose at 2011-09-21 22:49
タイトル : 光のほうへ
デンマーク、コペンハーゲン。アルコール依存症で育児放棄した母親の代わりに、弟である赤ん坊の世話を一生懸命する幼い兄弟。しかし・・... more
Tracked from おじさん(Age.55).. at 2011-10-16 08:42
タイトル : おじさんシネマ(光のほうへ)
光のほうへ デンマーク映画。 アルコール依存症のシングルマザーを母親に持つ兄弟。 少年時代。 赤ん坊の世話をする。 自分たちの幼い弟だ。 母親の代わりに面倒を見ている。 盗んだミルクを飲ませながら・・・・。 しかし、赤ん坊は兄弟がアルコールで酔っぱらって眠り込んだすきに死んでしまう。 この冒頭シーン。 悲惨な状況とは裏腹に赤ん坊と触れ合う兄弟の姿が白い画面ですごくきれいに撮られている。 これから始まる悲劇の世界。 抜け道の見えない人生を予感させるものになっている。 ...... more
Tracked from 映画のブログ at 2012-01-01 15:28
タイトル : 『光のほうへ』 優れた映画を観る辛さ
2011ǯϥǥޡDz줿ǯä إ饤ȡ١̤뷯ء٤ȷ³ΥǥޡDzääKOѥäΤظΤۤء٤ȤƤͥ줿Dz顢դɽʤФȹͤ³ΤΡ˻ȾǯФäƤ⵭ˤǤʤä ľ˹褦ϤαDz̥ϤɽˤϤޤä­äΤ Ǥ⡢αDz餷ڤʤȤƤߤ褦 ظΤۤء٤ѤƤĤŤΤϡͥ줿DzѤ뤳ȤοɤǤ롣 ˤϲεߤʤʤƤͧʤ¤ŻʤȺ˷̤Ǥʤμ夵ȡȤޤä餷Ф114ʬΤʱҤ³ ѤƤƤڤʤ說說ʤȤⱾʤ ɤ⤳ͥ...... more
<< 「バビロンの陽光」 USA映画(カナダ含む) >>