「マーラー 君に捧げるアダージョ」

「Mahler auf der Couch」…aka「Mahler on the Couch」20010 ドイツ/オーストリア
a0051234_1927742.jpg

グスタフ・マーラーにヨハネス・ジルバーシュナイダー。
アルマ・マーラーにバルバラ・ロマーナー。
ジークムント・フロイトに「ヒトラーの贋札/2007」のカール・マルコヴィクス。
アルマの母アンナ・モルにエヴァ・マッテス。
グスタフ・クリムトにマヌエル・ヴィテング。
グスタフの妹エスティーネ・マーラー・ロゼにレナ・シュトルシェ。
アルマの恋人で建築家のヴァルター・グロビウスにフリードリヒ・ミュッケ。
監督、脚本は「バクダッド・カフェ/1987」のパーシー・アドロンと息子のフェリックス・アドロン。
a0051234_19271543.jpg

始めに“史実に基づくが、ストーリーは創作。”という案内が出る。
19世紀初頭のオランダ、オーストリアのチロル地方、そしてウイーンとロケされた景色が美しい。

グスタフ・マーラーがフロイトに会っていたという史実を軸に、グスタフの妹エスティーネやアルマの母アンナが二人について語るシーンをはさみながらストーリーは展開して行く。物語は時系列に描かれていないので、過去と現在が行ったり来たりする。それはマーラーがオランダに休暇中の精神科医フロイトを訪ねるところから始まる。彼はアルマが5歳年下の建築家ヴァルター・グロピウスと恋に落ちた事実を知りショックを受けたこと、そしてアルマとの狂おしいまでの愛と情熱を語り始める。

類いまれなる美貌と音楽的才能を併せ持つアルマは19歳年上のグスタフ・マーラーと出会い結婚する。しかし作曲の才能を持つアルマにグスタフはそれを禁じる。作曲が出来ない不満を抱えながらもアルマはグスタフを支え続ける。だが、愛する長女が病死し夫婦の間に亀裂が生じ始める。やがてアルマはサナトリウムでの療養を余儀なくされ、そこで建築家のヴァルター・グロピウスと出会い、二人は激しい恋に落ちる。

クラシックには疎いのでグスタフ・マーラーの名前は知っていても家に彼のCDはないし、代表作は?なんて聞かれても答えられない。知っているのはルキノ・ヴィスコンティの“ヴェニスに死す”の音楽がマーラーであることと、小説でも、映画でも主人公グスタフ・フォン・アッシェンバハがマーラーらしき人であるということ。ダーク・ボガート演じるアッシェンバハは、今回観たこの作品のマーラーとダブって見える。
いずれにしろマーラーより精神分析学者のフロイトや、官能的な作風で有名な画家クリムトの方が知っている。しかしながら映画のストリーは結構興味深かった。

アルマの美貌は結婚前にも画家のクリムトや、作曲の師であるアレクサンダー・フォン・ツェムリンスキーを魅了し、マーラーの死後、画家のオスカー・ココシュカと恋に落ち、その後かつて不倫の仲だった恋人のグロビウスと結婚するが後に離婚。そして作家のフランツ・ヴェルフェルと三度目の結婚をし、共にフランスに亡命後、アメリカ合衆国に亡命し85歳で亡くなった。
最初の夫グスタフ以外アルマの相手は皆年下の男ばかり。三番目の夫となったフランツ・ヴェルフェルは11歳も年下。グスタフの妹エスティーネがアルマを“あばずれ女!”と呼んだように、男たちを虜にし、恋に生きた女性だった。

バルバラ・ロマーナーは情熱的なアルマ役がぴったり。
グスタフ・マーラーを演じるヨハネス・ジルバーシュナイダーと、「ヒトラーの贋札」でサリー役が印象的だったカール・マルコヴィクスのフロイト役はナイス・キャスティング。

原題の“カウチ(ソファ)の上のマーラー”のカウチは精神科医の患者のための寝椅子のこと。

音楽で結びついている二人...“君がいないと作曲が出来ない!”とアルマにすがりつくグスタフ。恋人ヴァルターはアルマをグスタフから連れ去ろうとするが、彼を捨てられない彼女はグスタフが死を迎えるまで留まることを選んだ。

作曲家というのは狂おしいまでの愛と情熱がないと作品を生み出すことが出来ないのだろうか?…で、思い浮かぶのは過去に観た天才作曲家たちの愛の物語…それはショパンストラヴィンスキーシューマン&ブラームスラフマニノフ と誰も彼も情熱的な恋をしている。

渋谷 ユーロスペースにて(6/24迄上映)
[PR]
by margot2005 | 2011-06-04 19:31 | ドイツ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/12746450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2011-06-06 22:31
タイトル : マーラー 君に捧げるアダージョ
1910年。 作曲家で指揮者のグスタフ・マーラーは、19歳年下の妻アルマが、若手建築家ヴァルター・グロピウスと不倫関係にあることを悩み、精神分析医フロイトの診察を受ける。 フロイトから妻がどのような存在なのかと問われたマーラーは、「アルマは相棒、相談役、妻、母親、友人、恋人、ミューズ(女神)、自分のすべてだ。」と答えるのだが…。 実話から生まれた夫婦愛の物語。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2011-06-08 06:02
タイトル : マーラー 君に捧げるアダージョ
 『マーラー 君に捧げるアダージョ』を渋谷のユーロスペースで見てきました。 (1)原題が「Mahler auf der Couch」(寝椅子の上のマーラー)となっているように、この映画は、精神分析医のフロイトと、寝椅子に横になってその治療を受けるマーラーとの関係を通じて、マ...... more
<< 「戦火のナージャ」 「4月の涙」 >>