北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

「木漏れ日の家で」

「Pora umierac 」…aka「Time to Die」2007 ポーランド

アニェラにダヌタ・シャフラルスカ。
息子にクシシュトフ・グロビシュ。
孫娘にパトルィツィヤ・シェフチク。
監督、脚本はドロタ・ケンジェジャフスカ。

91歳のアニェラはパートナーの愛犬フィラ(フィラデルフィア)とワルシャワ郊外の古い館に暮らしている。テラスで一緒に朝食を取り、近所の家を双眼鏡で覗くのが一番の楽しみ。
ポーランド人が飼っている犬の名前がアメリカ合衆国の大都市フィラデルフィアというのも中々粋だ。フィラは多分♂だと思うが、この犬(雑種??)の表情がスゴく良い。人間と犬ではあるが、互いに支え合って生きているアニェラ&フィラ。犬って癒してくれるんだなぁとしみじみ思う。

インターナショナル・タイトルはそのものずばり“死の時”で、91歳のアニェラが死を迎えるまでの物語。しかし邦題はとてもソフト。日本人て“死”という言葉をタイトルに入れることを好まないもかも知れない。
アニェラの死があまりにも、穏やかで荘厳で美しくて感動してしまう。映画を見終わって数十年後の自分の姿を想像し、アニェラのような死を迎えられるよう願わずにはいられなかった。

年に数回訪ねて来る息子と孫娘。息子の妻とは折り合いが悪くほとんど会うこともない。息子は近所の成金に母親の住む家を高い価格で売り飛ばそうとしている。そして孫娘は祖母の宝石が欲しくてたまらない。
一方で近所の悪ガキがアニェラの家に忍び込み盗みを働こうとする。悪ガキの侵入を防ぐことは出来たが、金をせびる彼に不満が爆発する。
やがて思い出がいっぱい詰まった古い家を息子に譲ろうと考えていたアニェラは物欲息子&孫に見切りを付け家を寄付してしまう。

全編モノクローム映像の中、若くて美しいアニェラがバレエを踊ったり、庭で恋人(夫)?とワルツに興じる過去の姿が映し出される。孤独ではあるが、思い出がいっぱい詰まった家に“死の時”まで住めるなんて、なんとアニェラは幸せな人なんだろうと羨ましくもあった。

アニェラを演じるダヌタ・シャフラルスカ。しわだらけではあるが、足腰はしっかりしていて驚くばかり。庭でブランコを揺らすシーン…ばあさんとブランコ??これほど不釣り合いのものはないかと思われるが、アニェラだとサマになるのだ。

公開2週目くらいの週刊誌に、穏やかな死を描いたこの作品に高齢者たちが列をなしている…というような記事が掲載されていたのを思い出した。私が観た4月のウイークディの最終回も中高年が目立っていた。


神保町 岩波ホールにて
■  [PR]
by margot2005 | 2011-05-27 20:45 | スペイン | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/12671734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2011-05-30 01:20
タイトル : 木漏れ日の家で
91歳の女性アニェラは、ポーランド・ワルシャワ郊外の緑に囲まれた木造の古い屋敷に住んでいる。 愛犬フィラデルフィアと暮らす彼女は、息子一家との同居を望んでいるが、息子は年に数回しか顔を見せない。 やがて金持ちの隣人が、アニェラに家を売って欲しいとしつこく迫るようになるのだが…。 ヒューマンドラマ。...more
Tracked from お花と読書と散歩、映画も好き at 2011-06-07 17:53
タイトル : 映画・木漏れ日の家で
原題 Pora umierac(死んだ方がまし) 2007年 ポーランド モノクロ 邦題「木漏れ日の家で」はヒットですね 「死んだ方がまし」では観客の足が向かないような気がします ポーランド、ワルシャワ郊外の森の中 古いけれども立派な一軒の木造の屋敷で愛犬・フィラ......more
Tracked from サーカスな日々 at 2012-01-08 01:44
タイトル : mini review 12551「木洩れ日の家で」★★..
芸歴80年を超えるポーランドの大ベテラン、ダヌタ・シャフラルスカを主演に迎えた心にしみる人生賛歌。人生の喜びも悲しみも知り尽くした女性が、素晴らしい終幕を迎えるために奮闘する様子を陰影に富んだモノクロームの映像でつづる。メガホンを取るのは、『僕がいない場......more
Tracked from RE940の自作DVDラベル at 2012-05-02 18:48
タイトル : 木洩れ日の家で
2007年 ポーランド 109分 監督:ドロタ・ケンジェジャフスカ 出演:ダヌタ・シャフラルスカ クシシュトフ・グロビシュ パトリツィヤ・シェフチク カミル・ビタウ ロベルト・トマシェフスキ  「僕がいない場所」のD・ケンジェジャフスカ監督が、自身の隣人だった女性をモデルに生み出した1本。監督は「ディアブリィ・悪魔」で組んだベテラン女優D・シャフラルスカを主演に迎え、全編モノクロというスタイリッシュな映像美の中、老いたヒロインが自身の人生を振り返るという、小さくて地味......more
<< 「4月の涙」 「ジュリエットからの手紙」 >>