「英国王のスピーチ」

「The King's Speech」 2010 UK/オーストラリア/USA
a0051234_22192847.jpg

ジョージ6世に「シングルマン/2009」のコリン・ファース。
ライオネル・ローグに「ミュンヘン/2005」「キャンディ/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」のジェフリー・ラッシュ。
エリザベスに「ファイト・クラブ/1999」「カンバセイションズ/2005」のヘレナ・ボナム・カーター。
エドワード8世に「L.A.コンフィデンシャル/1997」「ハート・ロッカー/2008」「ザ・ロード/2009」のガイ・ピアース。
ウィンストン・チャーチルに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「魔法にかけられて/2007」のティモシー・スポール。
大司教コスモ・ラングに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」のデレク・ジャコビ。
ローグ夫人に 「抱擁/2002」「高慢と偏見/1995」のジェニファー・イーリー。
ジョージ5世に「華麗なる恋の舞台で/2004」「グッド・シェパード/2006」「恋愛上手になるために/2007」のマイケル・ガンボン。
監督に「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~/2005」のトム・フーバー。
a0051234_22193759.jpg

幼い頃から吃音というコンプレックスに悩まされてきたジョージ。彼は父ジョージ5世に命じられ様々な式典でスピーチをするが、どれもこれも悲惨なものに終わる。妻エリザベスはなんとか夫を救おうと、ロンドンの街中に住むスピーチ矯正の専門家ライオネルを訪ねる…

コリン・ファースがアカデミー主演男優賞をゲットした。授賞式の中継をwowowで見た際、オスカー像を手にしたコリンが“嬉しくてダンスを踊りそう!”と言い、ホントに踊りだすのか?なんて思ったけど…そうはならず残念だった。

英国の人々も良く知らなかったというジョージ6世の逸話。私的にジョージ6世の存在とは現エリザベス二世の父親だったことくらい。逆に”王冠をかけた恋”で有名な兄エドワードの方が知っているし、ジョージの妻で、101歳まで生きたエリザベス皇太后も知っている。なぜジョージ6世を良く知らないのかと思ったら、1952年に56歳で亡くなっていた。しかしジョージ6世は英国では人気のあった国王だそうだ。
ジョージ5世の次男ジョージ。彼には長男エドワードがいるため次期国王になる予定は全くなかった。しかしエドワードが王位を捨て民間人と結婚してしまい、ひょんなことから王位を継がねばならない境遇に陥ってしまう。その時のプレッシャーて相当なのものだったに違いない。ましてや人前で話すのが苦手な彼だったのだから。

後に国王ジョージ6世となるヨーク公ジョージ。吃音を直すため様々な治療を試みるが、どれも上手く行かない。お手上げ状態の頃、妻エリザベスはスピーチ矯正の専門家でオーストラリア人のライオネルの家を訪ねる。平民のライオネルはジョージを愛称(バーディ)で呼び“私たちは平等だ”と宣言し、タバコを吸おうとするバーディに“喫煙はやめなさい”と注意する。無遠慮な態度を取るライオネルに怒りを覚えるバーディだが、次第に彼のペースに乗せられて行く。ラスト、ライオネルが見守る前でラジオでの“英国王のスピーチ”はちょっとした感動を呼ぶ。
エンドクレジットにジョージとライオネルの親交は互いが亡くなるまで続いたと記されていた。

オスカー主演男優賞に輝いたコリンはもちろんのこと、やはりオスカー俳優であるジェフリー・ラッシュ、そしてエリザベスを演じたヘレナ・ボナム・カーターの存在は素晴らしかったと思う。出番は少ないがライオネルの妻ローグ夫人役のジェニファー・イーリーは相変わらず古典が似合う女優だ。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて

<東北関東大震災の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申しあげます。
報道を見る度被災された人々がお気の毒でなりません。11日以降も別の地域でも何度も地震が起き、都内でも揺れることしばしばです。なんとなく落ち着かなくてレビューを書く気持ちにもならず、上の映画も観てからずいぶん日にちが経過した次第。閉鎖されたシアターや、上映時間が短縮された映画館が続出しており、気持ち的にも当面シアターへは行かないと思います。そして計画停電は娯楽施設から。>
[PR]
by margot2005 | 2011-03-15 23:03 | UK | Trackback(25) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/12277111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2011-03-16 22:39
タイトル : 英国王のスピーチ
公式サイト。原題:The King's Speech。トム・フーパー監督、コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャ ...... more
Tracked from 象のロケット at 2011-03-17 00:19
タイトル : 英国王のスピーチ
第二次世界大戦前のイギリス。 ジョージ5世の二男ヨーク公(現在のエリザベス女王の父)は、吃音(きつおん:どもり)のために、無口で内向的な性格だった。 何人もの言語聴覚士の治療を受けるが一向に改善せず、式典のスピーチでいつも落ち込む夫を見かねた妻のエリザベスは、スピーチ矯正の専門家ライオネルの元を訪ねるのだが…。 実話から生まれたジョージ6世スピーチ秘話。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2011-03-21 09:46
タイトル : 英国王のスピーチ
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...... more
Tracked from foggyな読書 at 2011-03-21 22:19
タイトル : 英国王のスピーチ
今日も計画停電無し。ということで観てきました。 新宿武蔵野館に着いたのが11時40分。 1時半の回は楽勝だと思っていたら「かなり前のお座席になります」と言われてちょっとびびりました。 面白かったです。想定内の面白さだけれど。 期待どおり、コリン・ファースをはじめとする達者な役者の演技を楽しむことができました。 吃音症に悩むジョージ6世が、ヒトラーの映像を観て「演説がうまいな」という場面に、この映画が最も言いたかったことが凝縮されてます。 ---英国民よ、我々の国王が「演説がうまい狂...... more
Tracked from NiceOne!! at 2011-03-21 22:21
タイトル : 『英国王のスピーチ』(2010)/イギリス・オース...
原題:THEKING'SSPEECH監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール試写会場: よみうりホー...... more
Tracked from 労組書記長社労士のブログ at 2011-03-22 09:56
タイトル : 英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな〜
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった〜。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・(...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2011-03-24 11:06
タイトル : 英国王のスピーチ
ĤɲⵤʤΥ硼6ʥեˤϡ˽Ф뤳Ȥü˶졢ʬꤷ³äƤ 硼κʥꥶ٥ʥإʡܥʥᥫˤϡԡȤǤ륪ȥꥢͤΥ饤ͥ롦?ʥե꡼åˤΤȤפϢƤ 桢¨̤ɥ8ʥԥˤǧʤȤΰӤǡ̤־夷Ƥޤ ѹ硼6ϤϤڤʤɲ̱˰벦ˤʤޤǤä˴Ťư ȥȹݱDzפǺǹޤڤˡƹαDzפꡣ ѹǥߡޡʾޡͥޡͥޡͥޤʤ7Ǽޡ 83ǥߡޡ¿12Υߥ͡ȡ 2011ǯ2/26ꥹ...... more
Tracked from soramove at 2011-03-27 14:18
タイトル : 映画「英国王のスピーチ」主演男優賞はうなずけるが・・・。
「英国王のスピーチ」★★★★ コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、 ジェフリー・ラッシュ出演 トム・フーパー監督、118分、2011年2月26日公開 2010,イギリス、オーストラリア,ギャガ (原作:原題:THE KING'S SPEECH)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「先ごろ発表されたアカデミー賞で 作品賞、監督賞、主演男優賞という 主要賞をほぼ独占した作品。 ...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2011-04-02 01:30
タイトル : 英国王のスピーチ
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的…... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2011-04-08 23:50
タイトル : 「英国王のスピーチ」 友が聞いている
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2011-04-09 21:17
タイトル : 「英国王のスピーチ」は怪演と怪優たちが生...
最近はすっかり怪容貌コスプレ女優となってしまったヘレナ・ボナム=カーターが、今回はごく普通のメイクと衣装で登場しているではないか。彼女をはじめとしてこの作品の出演者たち...... more
Tracked from itchy1976の日記 at 2011-04-10 19:15
タイトル : 映画「英国王のスピーチ」
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...... more
Tracked from Art-Millー2 at 2011-04-18 21:22
タイトル : 英国王のスピーチ
実話に基づく物語となれば、歴史の裏舞台を見ているようで、妙に感慨深いもの。演説上手なヒットラーを向こうに回して、国民を奮い立たせるスピーチをするところは感動ものでした。やはりイギリスだね。王室を題材にしてもウイット感覚が生きている。 《英国王のスピーチ》 英題:THE KING'S SPEECH 監督:トム・フーパー 脚本:デヴィッド・サイドラー 撮影:ダニー・コーエン キャスト:コリン・ファース、 ジェフリー・ラッシュ、 ヘレナ・ボナム=カーター、 ガイ・ピアース、 他 20...... more
Tracked from 映画のブログ at 2011-04-20 22:21
タイトル : 『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ
ͤïʤȤ롣 Ȥ˽Τ⡢ɬ⹥顢դ櫓ǤϤʤ ȤʤȡդʤȤȤˤƤͤäơοȤľ̤뤹٤ƤΤȤʤʤ櫓ǤϤʤ? رѹΥԡ٤ϡï뤽ǺߤƤ롣 ͸ϸ˱ѹ硼6Ȥʤ衼СȲҡοȤФռȤޤη褦ˡѵҤߤ뤳Ȥ? ²ȤƸ?Фǡ˫줿ȤΤʤϡ٤Υȥ쥹ɲ(ɤ)ˤʤäƤ ˤ⤫餺²ˤϼŵǤΥԡĤΤǤ롣äΤˡԡ϶˰ʳβΤǤʤä İ˸äƤޤλѤˤϡïƱȶФ? 桢ɲɤδԤ...... more
Tracked from 新・狂人ブログ~暁は燃え.. at 2011-04-22 21:45
タイトル : 「英国王のスピーチ」感想
 内向的で吃音症のヨーク公アルバート王子(後のイギリス王ジョージ6世)が、言語聴覚士と家族の支えでコンプレックスを克服し、国民から敬愛される存在へと成長していく姿を、史実を基に映画化。    実在した一国の国王を、一人の人間として内側から掘り下げる。アカデ... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2011-04-29 17:44
タイトル : 映画『英国王のスピーチ』を観て〜アカデミー賞受賞作品
11-18.英国王のスピーチ■原題:The King's Speech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円スタッフ・キャスト(役名)□監督:トム・フーパー□...... more
Tracked from C'est joli〜こ.. at 2011-05-02 16:47
タイトル : 英国王のスピーチ
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2011-05-05 18:00
タイトル : 英国王のスピーチ
この映画、アカデミー賞を取ったということもあって 是非観たい映画でした。 折しも観に行った日は、ロイヤル・ウェディングの日でした。 そのせいか、公開から随分経っていましたが その割にはお客が多かったです。 隣のお客さんは、始まる前にロイヤル・ウェディングの話を... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2011-05-12 13:22
タイトル : 英国王のスピーチ / The King's S..
ランキングクリックしてね←please click 先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。 エリザベス女王の父上で国王、ジョージ6世は、子供の頃からの吃音に悩まされていた 監督、トム・フーパーは38歳で監督賞も受賞  こ...... more
Tracked from Viva La Vida.. at 2011-05-13 01:46
タイトル : ■映画『英国王のスピーチ』
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、なんだか御... more
Tracked from よしなしごと at 2011-05-13 08:06
タイトル : 映画:英国王のスピーチ
 言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2011-05-29 22:25
タイトル : [映画『英国王のスピーチ』を観た]
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。 ...... more
Tracked from いやいやえん at 2011-09-11 06:55
タイトル : 英国王のスピーチ
わーい、コリン・ファースさん(好き)。吃音のため話すことが苦手な国王が、国民の心を掴むためにスピーチに挑むというこの作品、実際の話なんだそうですね。軽快な言い合いやユーモラスな場面で、開戦前という時代ながら暗さをなくしているのがいいですね。 生真面目で苦悩するヨーク公を演じるコリン・ファースさんに身悶えた。妻エリザベス役にヘレナ・ボナム=カーターさんですが、療法士ライオネルを見つけてきたのは彼女だったんですね。彼女は相変わらず演技が上手い。 変わった矯正術を使用する彼を最初は胡散臭い目でみ...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2011-09-18 02:47
タイトル : 「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を成し遂げ、国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かうジョージ6世の姿を描き出す。主演のジョージ6世役に「シングルマン」のコリン・ファース、共演のセラピスト役にはジェフリー・ラッシュがそれぞれ出演。本作は 第83回(2010年全米公開)アカ...... more
Tracked from スポーツ瓦版 at 2012-06-07 13:44
タイトル : 別館の予備(英国王のスピーチ 感想224作目)
6月7日 英国王のスピーチト アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らな ...... more
Commented by foggykaoru at 2011-03-21 22:28
TBさせていただきました。

私は計画停電が実施されないと聞いて、昨日今日と立て続けに映画を観て、精神的にかなり救われました。
計画停電が実施されている平日に映画を観るのは後ろめたいけれど、実施されない日には、映画館を応援するのは悪いことじゃないと思ったりもします。
Commented by ブリ at 2011-03-23 17:18 x
ヘレナもジェフリー・ラッシュも演技達者でしたねw。
でも一番の功労者はやはりコリン・ファースでしょう。映画も脚本がしっかりしていてぶれてないし。やはり映画は脚本ありきですね。
ラスト、ジョージ6世がスピーチを終えて帰ってきた時に娘が父親としてではなく王として迎えた(おじぎした)ときのカレの表情がジーンときた。複雑だよね・・。
Commented by margot2005 at 2011-03-24 23:41
foggykaoruさん、TBありがとうございました。
さて原発やら、水汚染やら、野菜汚染やらで大変なことに陥っている昨今ですが、鉄道の間引きや、ショッピング関係のスポットが夜間営業を自粛しているため、一部の区を除き都内はまだ計画停電に陥ってなくてありがたいです。
シアターへは2週間以上行ってなくてストレスがたまっています。連休は都内の映画館混んでたようですね。来週からはシアターへ行くのを再会したいと思っています。
Commented by margot2005 at 2011-03-24 23:48
ブリさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
さて、ヘレナもジェフリーも上手いですね。同感です。そしてコリンですね。同感!同感!オスカーに値する演技でした。
エリザベスが膝を曲げてお辞儀をしてましたね。ジョージ6世は家族をとっても大切にする王だったようなので、娘のシグサは複雑だったかも知れません。
Commented by cochi1228 at 2011-04-18 21:21
こんばんは、以前のように気楽に劇場に足を運ぶことはなくなりましたが、この作品は以前より気になっていました。映画は脚本がしっかりしていると、ラストまで流れるように行くんですね。ラストの開戦スピーチは決まりすぎるくらいの内容でしたが、その影には、あのような可笑しな苦労があるとはね。
Commented by margot2005 at 2011-04-25 23:55
cochi1228さん、コメントありがとうございます。レス遅くなりましてごめんなさい。
さて先月の震災以来シアターに行く機会が全くもって少なくなってしまいました。今月に入ってからは今までのようにシアターに通いたいと思っているのですが...。

ラストの開戦スピーチは感動的でしたね。
あのように苦労されたキングもいたのだと知り、驚くと共にジョージ6世に愛着を感じました。
<< 「ショパン 愛と哀しみの旋律」 「バレッツ」 >>