「ザ・タウン」

「The Town」 2010 USA
a0051234_19494479.jpg

監督、共同脚本、出演(ダグ)に「ハリウッドランド/2006」「消されたヘッドライン/2009」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」のベン・アフレック。
フローリーに「地球が静止する日/2008」のジョン・ハム。
クレアに「フロスト×ニクソン/2008」「それでも恋するバルセロナ/2008」のレベッカ・ホール。
ジェムに「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」「ハート・ロッカー/2008」のジェレミー・レナー。
クリスタに「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「50歳の恋愛白書/2009」のブレイク・ライヴリー。
ビッグマックに「カポーティ/2005」「あぁ、結婚生活/2007」「アメリカを売った男/2007」「ニューヨーク、アイラヴユー」のクリス・クーパー。
ファーギーに「ナイロビの蜂/2005」「あの日の指輪を待つきみへ/2007」 「タイタンの戦い/2010」のピート・ポスルスウェイト。
a0051234_19493466.jpg
a0051234_19492558.jpg

ボストン、チャールズタウンで生まれ育ったダグは、刑務所にいる父親の後を継ぎ、強盗を“ファミリー・ビジネス”としている。
ある日、ダグと仲間たちはいつものように用意周到の後銀行を襲撃する。しかし逃走の際やむなく支店長のクレアを人質に取ってしまう。やがて解放したクレアはダグたちと同じ街の住人であることが分かる。自分たちの正体を知られたかも知れないと不安にかられたダグは探りを入れるためクレアに近づいて行く...

「そんな彼なら捨てちゃえば?」のレビューに“ベン・アフレックは年々素敵な俳優になって行く…”と書いた。今回も素敵な俳優と共に素晴らしい監督のアフレックに出会った。監督デビュー作「ゴーン・ベイビー・ゴーン/2007」はwowowで放映の際観たがあまり面白くなくて途中で挫折してしまった。今一度見てみるかな?
単なる銀行強盗の物語ではなく、銀行を襲撃した際出会った支店長のクレアが好きになってしまうというあり得ない展開が面白い。もちろん彼女は彼が襲撃犯人とは知らないが…。アクションと人間ドラマを上手く融合させ観るものを夢中にさせる。強盗を繰り返すダグとその仲間。執拗に彼らを追いかけるFBI捜査官フローリー。描き方がとてもリアル。

某新聞の映画評でも“アフレックの多彩凝縮”と大絶賛している。上にも書いたように引き込まれる展開は素晴らしいが、少々突っ込みを入れると...映画のオープニングにも登場する“全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。”という解説。ボストンてハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、そしてラドクリフカレッジと優秀な大学が存在する学園都市。そこが全米屈指の強盗多発地区といわれても想像すら出来ない。映画は一昔前の出来事なのかな?とも思った。
ダグがクレアに近づき、誘いに簡単にノってしまう展開は少々疑問だった。トラウマを抱えたばかりの女性が見ず知らずの男の誘いにあんな簡単にノってしまうとは考えられない...それもコインランドリーでなんて。そして人質にされた時目隠しをされていたクレアはダグの声を覚えていても不思議ではない。ラストのダグもあまりにも上手く行き過ぎで、あり得ない展開だったが、全体的なストーリーはとても見応えがあったと思う。あのお面とシスターの衣装はよく考えたものだ。

出番は少ないながら塀の中のビッグマック役のクリス・クーパーと、花屋の黒幕ファーギー役のピート・ポスルスウェイトは言わずもがなの存在感。
ジェレミー・レナーは「ハート・ロッカー」も素晴らしかったが、強盗役にもいたくハマっている。

共に労働者のダグとジェム。どちらもなくてはならない存在の親友ながら、二人は別の人生(一人は死んでしまうが…)を歩き始める。観た後、「グッドウィル・ハンティング/旅立ち/1997」で、マット演じる天才青年ウィルとベン演じる無学な労働者チャッキーのコンビを思い出した。どちらも舞台はボストンである。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて
[PR]
by margot2005 | 2011-02-22 20:27 | USA | Trackback(13) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/12163288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2011-02-23 21:48
タイトル : ザ・タウン
公式サイト。原題:THE TOWN。ベン・アフレック監督・主演、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、クリス・クーパ ...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2011-02-23 23:10
タイトル : ザ・タウン
チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。 強盗を家業とする主人公が、ある女性を愛したばかりに仲間と…... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2011-02-24 00:02
タイトル : ザ・タウン
ƶؤζ¿ȯ϶衢ܥȥΥ㡼륺 ˻Ż뤲Ƥץζ̣ϡԤäˡŹĹΥ쥢ʥ٥åۡˤͼˤ롣 쥢̵뤬åäȵڤƱνͤΤạ̈ϡΤХ뤳Ȥ롣 ꡼ʤΥʥ٥եåˤ쥢˶Ť϶αƤˤӤᤴƤġ ȶȤȰѤ볹˰ä͸Ȥΰäˡʿζ֤ǶǺ뤵ޤ饤ࡦڥ ֥٥ӡפ˼٥եåĤ2ܡ 2011ǯ2/5ꥫDz ġ٥եå ... more
Tracked from 象のロケット at 2011-02-24 01:29
タイトル : ザ・タウン
ボストンの一角、チャールズタウンは“タウン”と呼ばれ、アメリカで強盗犯罪が一番多い街。 銀行強盗グループのリーダー、ダグは、銀行襲撃の際に人質に取った女性支店長クレアが、どこまで自分たちのことを記憶しているか探るため、事件後さりげなくクレアに近づく。 何も知らないクレアはダグに好意を持ち、二人は付き合いを深めてしまうのだが…。 クライム・ドラマ。... more
Tracked from Akira's VOICE at 2011-02-24 10:24
タイトル : ザ・タウン
犯罪を甘く描いたらダメだ!   ... more
Tracked from Art-Millー2 at 2011-02-24 22:57
タイトル : ザ・タウン
ボストンのチャールズタウン、名前だけで想像すれば、相当由緒あるしっとりした街をイメージしてしまうが、なんと、銀行強盗組織一味の巣窟みたいな街。そこで育った人たちは《強い絆》で結ばれファミリーのような育ち生き方を余儀なくされる。その街が《人生そのもの》なんだから、若者たちは閉塞感と希望を激しく交差させながら生きる。その揺れをテーマに銀行強盗と恋愛と友情と希望をうまく繋いだ《シナリオのスマート》さに驚いた。何処か《懐かしいシネマ》の臭いがした。 ザ・タウン 英題:THE TOWN 原作: ...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2011-02-28 01:43
タイトル : 「ザ・タウン」は、どうしようもない悲劇の...
人が変わるためには何をすれば、いいのだろうか?人などとまさに他人事のように言っているが、私自身のことである。そんなことを考えたのは、映画「ザ・タウン」を見たことが、きっ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2011-03-09 18:24
タイトル : ザ・タウン
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...... more
Tracked from 映画のブログ at 2011-03-16 22:45
タイトル : 『ザ・タウン』 事件のたびに変わるのは?
ڥͥХա إ٤Ѥ⡹ƤӱDzۤ­ǡإ٤ѤʤȤϽƤǤ롣 1ܤ礤˳ڤ2ܤϵܤ̯˴ ܺǤϡΥо줹Τϲ餫ηǤ餫ῨƤΤǡޤΤäǺǽ餫Ѥȡɤ줿ܤǤ뤳Ȥ´롣 ȤС͸ȥҥ?ӥ롼ǤĤ ᤯٥åɤˤΥ䥸ޤפäͤ᡹˥٥åɥ롣 ǤϡѵҤϥ٥åɤͤ˵Ƥޤ줬ʤƻפ⤷ʤ ɤ⤳βä뤫顢ǸΥѡȤӥ롼ƻ뤹ȤˤʤäơƸͤΰִط˼뤳ȤǤΤ ޤ¿ΥդŤΰ̣äƤ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2011-03-19 09:22
タイトル : 「ザ・タウン」 その街こそもう一人の主役
アメリカの中でも古い街の一つ、ボストンの一角のチャールズタウンは世界でも最も銀行... more
Tracked from よしなしごと at 2011-03-19 21:51
タイトル : 映画:ザ・タウン
 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。... more
Tracked from Subterranean.. at 2011-07-27 20:03
タイトル : ザ・タウン (The Town)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★ 私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅前にはサラリーマン族や商店などちょっと裕福な人が集まり、線路を…... more
Tracked from いやいやえん at 2011-08-01 09:27
タイトル : ザ・タウン
ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わったクレアを愛してしまう恋愛部分と、カーチェイスや銃撃戦などの緊迫感と迫力でグイグイと押してくる作品でした。 親友であるジェムはかつてダグを助けるため刑務所に入った身でもあり、彼の妹と恋人関係にあったこともある、少々ややこしい関係。ジェムはどちらかと...... more
<< 「トスカーナの贋作」 「愛する人」 >>