「白いリボン」

「Das weisse Band - Eine deutsche Kindergeschichte」…aka「The White Gibbon」2009 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア
a0051234_0131271.jpg

学校教師にクリスティアン・フリーデル。
男爵家で働くエヴァにレオニー・ベベシュ。
男爵に「善き人のためのソナタ/2006」「アイガー北壁/2008」「セラフィーヌの庭/2008」のウルリッヒ・トウクール。
男爵夫人にウルシーナ・ラルディ。
男爵の息子ジギにフィオン・ムーテルト。
牧師に「ベルリン、僕らの革命/2004」のブルクハルト・クラウスナー。
牧師の息子マルティンにレオナルド・プロクサウフ。
ドクターにライナー・ボック。
助産婦に「ピアニスト/2001」のスザンヌ・ロタール。
小作人に「アイガー北壁」のブランコ・サマロフスキー。
監督、脚本に「ピアニスト」「隠された記憶/2005」のミヒャエル・ハネケ。
a0051234_0135413.jpg
a0051234_0134611.jpg
a0051234_0133582.jpg
a0051234_0132248.jpg

1913年7月、北ドイツの小さな村。ある日、ドクターが自宅前に張られた針金につまずき落馬して大けがを負う。次に牧師の娘と息子は帰りが遅いことを父親にとがめられ“白いリボン”をはめられる。その後男爵の製材所で小作人の妻が事故死し、何者かによって男爵のキャベツ畑が荒らされたり、納屋が火事になったり、次々と事件が発生するがそれらは一向に解決しない。やがて村人の間に不安と、不信が募って行く...

第一次世界大戦勃発直前の1913年、北ドイツの小さな村。その村の教師のナレーションで始まる物語は、経済的な支配者である男爵と、宗教的な支配者である牧師を中心に、男爵一家、牧師一家、男爵の家令一家、ドクター一家、そして小作人一家が織りなす愛憎の人間ドラマ。

ドクターが亡くなった妻そっくりに成長した美しい娘を執拗に見つめ、中年の助産婦相手に自らの欲望を満たす。男のエゴ丸出しシーンには嫌悪感で鳥肌がたつ。一方で男爵夫人はしばらく滞在したイタリアで愛人を作り夫に一方的に別れを告げ去って行く。醜い大人たちの振る舞いの中で、救いは教師とエヴァが出会い、ほのかな恋の後、結婚に至ったことだけかな。
ドクターの落馬事故から始まって小作人の妻が亡くなり、男爵の息子ジギが行方不明となる。そして助産婦の息子カーリが大けがを負う。間に男爵家のキャベツ畑が荒らされたり(これは小作人の長男マックスの仕業)、納屋が火事になり、中で首を吊っている小作人が発見される。しかし一連の犯人は誰なのか明かされないまま、第一次世界大戦が始まったという知らせが届きエンディングを迎える。
次から次へと起こる不可解な事件に震撼する村人たち。冷たく、張りつめた空気漂う村の姿がモノクロ映像からひしひしと伝わって来る。しかしながら物語のテーマは宗教(プロテスタント)と貴族の支配。いつものように非日常この上ない展開に小説を読んでいるような気分だった。

鬼才と呼ばれるミヒャエル・ハネケ。「ピアニスト」は観たけど「ファニーゲームU.S.A」はシアターに行かなかった。後にWOWOWで放映された時に観たけど、あまりに惨くて、あほらしくて途中でやめた。鬼才の描く世界にはついて行けなかった。

マルティン役のレオナルド・プロクサウフは将来有望なる若手ドイツ人俳優。彼は「ブッデンブローク家の人々/2008」で次男クリスティアンの若き日を演じていた。
銀座テアトルシネマにて
[PR]
by margot2005 | 2011-01-27 00:42 | ドイツ | Trackback(18) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/11999538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2011-01-27 20:20
タイトル : 白いリボン
公式サイト。ドイツ映画、原題:DAS WEISSE BAND、英題:THE WHITE RIBBON。ミヒャエル・ハネケ監督、ウルリッヒ・トゥクール、ブルクハルト・クラウスナー、ヨーゼフ・ビアビヒラー、ライナー ...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2011-01-27 21:32
タイトル : 白いリボン/Das weisse Band/Eine d..
ランキングクリックしてね ←please click 2009年 カンヌ映画祭にて、パルムドール受賞他、 世界の映画祭32部門で受賞、54部門ノミネート! 待ちに待ったハネケ新作 わたしなんかが言うのはおこがましいけど、間違いなくハネケの傑作。 のちのファシズム、ナチズム...... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2011-01-27 22:44
タイトル : 白いリボン
水曜日はハシゴの日。 私にとって水曜日は「映画ハシゴの日」です。 関東圏の多くの映画館では「レディースデイ」と称して女性のみ¥1000で映画が見られます 最近でこそ「メンズデイ」なる日を設定する映画館もありますが、まだまだ少ない。 「メンズ」があって「レディー...... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2011-01-27 23:02
タイトル : 白いリボン
『ピアニスト』『隠された記憶』のミヒャエル・ハネケ監督最新作。昨年のカンヌ国際映画祭のパルム・ドール授賞作品だ。第一次世界大戦直前の北部ドイツの村を舞台に次々と起こる不可解な事件と、そこに暮らす人々の心の闇を描き出す。出演は『善き人のためのソナタ』のウルリッヒ・トゥクール、『ベルリン、僕らの革命』のブルクハルト・クラウスナーら。... more
Tracked from 映画のブログ at 2011-01-28 00:39
タイトル : 『白いリボン』 恋の行方も?
ڥͥХա ޤήǯΥåסݥΤʥΥ̿ơϤƤäܥ٤ϰŤʱDz?ȻפǤޤäߥƥΩƤǥ說說롢ʤDzȤϻפʤäΤ ܥ꡼˱ǤƸΤ?դǡפȤäƤ⡢ͤפ⤫٤Τϥ꡼࿧˶ᤤΤ̣ä͡ޤƤ䡢줬̵ľξħȤʤС鷺ʱ䡢ʤꤹʤ Dzܥ٤ΥʤΤŬäƤ롣 ܺϡ꡼˿ǤΤǤϤʤѵҤˡ֤Υܥפ롣 Dz褫鿧̤?äܺϡ˲ڤ?ꡢåȥХåΤ褦ʵ?ꡢȤʤ¼ǽʸ¤भФˤ롣 Τϡɤˤ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2011-01-28 04:51
タイトル : 白いリボン
 2009年のカンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というので、『白いリボン』を見に銀座テアトルシネマに行ってきました。 (1)カンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というと、『ピアノ・レッスン』(1993年)、『パルプ・フィクション』(1994...... more
Tracked from 象のロケット at 2011-01-28 23:14
タイトル : 白いリボン
第一次世界大戦前夜の1913年、夏。 北ドイツの小さな村のドクターが落馬して大怪我を負う。 彼の自宅前に針金が張られていたのだ。 翌日、小作人の妻が事故で命を落とす。 その後も次々と起こる不可解な事件。 男爵家のうら若き乳母に思いを寄せている教師は、この村の“魔物”の正体を突き止めようとするのだが…。 ミステリー。... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2011-01-29 14:05
タイトル : ■『白いリボン』■ 
2009年:オーストリア+フランス+イタリア+ドイツ合作映画、ミヒャエル・ハネケ監督、クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルトリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ出演。... more
Tracked from KADHAL at 2011-01-29 14:31
タイトル : ハネケ
ミヒャエル・ハネケの「白いリボン」。陰鬱なモノクロームの画面が、ときおりハッとするほど美しくて目を奪われる。もちろん映画自体は、いかにも「ピアニスト」の監督らしい「痛さ」に満ちている。ニュージャーマンシネマもそうだったが、とことん剥き出しにしてしまう感性はドイツ的なんだろうか。 表面をとりつくろっても、人間の本性はこんなんだよ、って突きつけられるような作風だから、もちろん見ていて楽しいとか快い気持ちにはならない。またしても牧師。堅固な抑圧機関としてのキリスト教。親や大人たちの矛盾や欺瞞をいっぱ...... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2011-01-30 23:12
タイトル : 「白いリボン」
「黄色いリボン」っていうジョン・ウェインの西部劇があったな。 知らない。 「黄色いリボン」っていう桜田淳子の歌もあった。 知らない。 知らないとは言わせないぞ。お前だっていい年なんだから。 このリボン見えるでしょう ラブサインなの 待っててね 知ってるじゃ...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2011-01-31 00:23
タイトル : 白いリボン
켡ɥξļĮ ϼǤ˼ߤۤ뤳ĮǡԲIJʻΤȽݤ롣 ץƥȤζ¼ͤϵŵ˴٤ꡢҤɤ⤿϶ǺϤƤ ɥĤļĮˡʹ֤οΰǤФߥƥ꡼ɥޡ 2009ǯΥ̹ݱDzפǤϤߤȺǹޤΥѥࡦɡޡ 2010ǯ12/4ɥ/ȥꥢ/ե/ꥢDz ġߥҥ㥨롦ϥͥ... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2011-02-07 21:49
タイトル : 白いリボン(2009)☆★DAS WEISSE BAND
美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音 京都シネマにて鑑賞。公開2日目でしかも日曜日、その上第1回目の上映ということもあってか、多くのお客さんでロビーは賑わっていました。1時間前に行ったのですが、すでに64番目。 ハネケ監督作品がカンヌでパル...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2011-02-27 18:55
タイトル : 映画『白いリボン』を観て
11-7.白いリボン■原題:DasWeisseBand(TheWhiteRibbon)■製作年・国:2009年、ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア■上映時間:144分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:1月15日、新...... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2011-03-06 11:48
タイトル : 『白いリボン』
この村に息を殺して潜んでいるものは、 悪意と嫉妬と猜疑心、不信と不穏と不和不調。 歴史的過ちへの贖罪か、糾弾か。 記憶の乖離への警鐘か。 それとも未来へのサンプルなのか。 『白いリボン』 2009年/ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア/144min 監督・脚... more
Tracked from いやいやえん at 2011-06-30 09:54
タイトル : 白いリボン
「美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音」…観る人を不快にさせる作品を作る奇才ミヒャエル・ハネケ監督の新作。 決して万人受けする作品ではありませんし、結局なんだったのといわれればそれまで。でもまるで本当にあったことのような錯覚に囚われてしまうほどの作品の完成度には驚いてしまいます。 第一次世界大戦前に北ドイツの敬虔なプロテスタントの村で起こった「奇妙な出来事」の連鎖…登場人物が多いので整理しないとわからなくなってしまいますが、基本的には主人公はいなく、主観を抱かせないような作りになって...... more
Tracked from カサキケイの映画大好き! at 2011-07-03 09:40
タイトル : 「白いリボン」、ミヒャエル・ハネケ監督作品
老人となった教師が回想する形で始まるこの映画、 複雑に入り組んでいる上一度落ち掛けただけに、 正しく理解、解釈できているか心配ですが。。 第一次世界大戦前、 物語の舞台となったその村はドイツの田舎町、 大地主の男爵家が村の雇用の半分を担っていた。 村を支配指導する立場の男爵、男爵の家令(秘書)、村のドクター達を中心に据えながら進む。 一見上っ面は社会秩序が守られているように見える村なのだが、内情は違う。 それが明らかになる事件が起き始める。 第一の犠牲者はドクターだ。 針金...... more
Tracked from こんな映画見ました〜 at 2011-07-11 21:48
タイトル : 白いリボン
『白いリボン』---DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE  THE WHITE RIBBON---2009年(ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア )監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ 、ウルリッヒ・トゥクール...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2011-07-23 20:29
タイトル : ヨーロッパ推奨映画(3) 白いリボン これは劇場で観るべ..
DVD鑑賞で鑑賞。 衝撃的・衝動的なバイオレンスシーンで、「観客を凍らせる」のが常套手段の監督 ミヒャエル・ハネケ。 (最近の作品は「隠された記憶」 「ピアニスト」「ファニーゲームU.S.A. 」など) いつも、席から体が飛び上がってしまうので、自分としては「困っち...... more
Commented by maki at 2011-07-03 19:23 x
コメントありがとうございました♪
教師とエヴァのドラマ以外は、
村を覆う悪意ともかんじとれるモヤモヤが続きましたね
これも、ハネケ作品の傑作のひとつだと思います
Commented by margot2005 at 2011-07-05 22:49
maki さんこんばんは。
こちらこそコメントありがとうございます。
この映画は宗教的過ぎてついて行けなかったですね。
これもミヒャエル・ハネケの世界でしょうか?
<< 「ロビン・フッド」 「アメリア 永遠の翼」 >>