「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」

「Vengeance」…aka「Revenge」2009 香港/フランス
a0051234_23363886.jpg

フランシス・コステロに「列車に乗った男/2002」「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち/2004」のジョニー・アリディ。
アイリーンに「エディット・ピアフ~愛の讃歌~2007」「サガン-悲しみよこんにちは-/2008」のシルヴィー・テステュー。
クワイにアンソニー・ウオン。
チュウにラム・カートン。
フェイロクにラム・シュー。
ジョージ・ファンにサイモン・ヤム。
監督は「エクザイル/絆/2008」のジョニー・トー。
a0051234_23364788.jpg
a0051234_23365787.jpg
a0051234_2337862.jpg

パリでレストランを経営するコステロは元殺し屋。彼の娘アイリーンは中国人の夫と二人の子供に囲まれ、マカオの高級住宅街に暮らしている。ある日、何者かが家に押し入り、夫と二人の子供が惨殺される。重傷を負ったもののただ一人生き残ったアイリーンは病院に収容される。マカオにやって来た父親コステロは娘とその子供たちのため復讐の鬼と化す…

“復讐”と言う原タイトルに相変わらずのスゴい邦題。でも映画にぴったりマッチしているところがニクい。
香港/フランス合作のリヴェンジ・アクション。殺し合いシーンは暗く、そして雨…“香港ノワール”の旗手と言われるらしいジョニー・トーの世界。しかしながら鬼才と呼ばれる監督ジョニー・トーの映画は観たことがなく、今回初めて。
取り憑かれたようにリヴェンジに挑む初老の男コステロ。雇われたクワイ、チュウ、フェイロクの殺し屋3人組が、彼らの親分ジョージ・ファンをも裏切り、どこまでもコステロに忠実でトレヴィアンだ。殺しの報酬は彼がオーナーであるパリのレストランと家。報酬に惹かれたのかも知れないが、3人組とコステロの間には友情が芽生えて行くようにも見える。
「列車に乗った男」のジョニー・アリディは最高にクールだったが、こちらでも復讐に燃えまくり、徹底的にワルを追いつめて行く姿が凄まじくもカッコいい。
ヨーロッパ人から見ればアジア人は誰も同じ顔に見えるのか?コステロが3人をポラロイドに撮って名前を書く、あれは中々のグッド・アイデアだった。
土曜日、最終回、シアターは若い男性&年配の男性たちがいっぱいで、皆ジョニー・トー ファンだったに違いない。
新宿 武蔵野館にて
[PR]
by margot2005 | 2010-06-15 23:58 | フランス | Trackback(14) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/10815911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2010-06-18 00:39
タイトル : ●『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』● ※ネタバレ有
2009年:フランス+香港合作映画、ジョニー・トー監督、ジョニー・アリディ、アンソニー・ウォン、ラム・カートン、ラム・シュー、サイモン・ヤム、シルヴィー・テステュー出演。 ≪【大阪アジアン映画祭2010】にて鑑賞、上映前にジョニー・トー監督の舞台挨拶≫... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2010-06-18 01:52
タイトル : 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
フランスでレストランを経営するコステロ。しかし、彼には腕利きの殺し屋 だった過去があった。 コステロはマカオで暮らす最愛の娘と、その家族が何者かに惨殺された らしいことを知り、単身現地に乗り込んだ。瀕死の娘に復讐を誓ったものの、 異国の地で頼るあてもないコ..... more
Tracked from 象のロケット at 2010-06-18 02:07
タイトル : 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
マカオで暮らす裕福な一家が何者かに襲われた。 中国人の夫と2人の子どもが殺害され、フランス人の妻アイリーンも重傷。 フランスから娘の元に駆けつけたコステロは、娘に仇を討って欲しいと頼まれる。 偶然出会った地元の殺し屋、クワイ、チュウ、フェイロクの3人に犯人捜しを依頼するが、コステロは昔受けた銃弾が原因で、記憶を失いつつあった…。 サスペンス・アクション。 R-15... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-06-18 15:39
タイトル : 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』を、新宿武蔵野館で見てきました。  長すぎる邦題が思わせぶりであり〔原題は「vengeance (復讐)」〕、上映館が都内でわずか1館だけなのが何となく気になったものの、予告編で見た時にマズマズだなと思い、また映画評論家の評価もかなり高いので、映画館に足を運びました。 (1)ですが、何となくの予感が当たりました。  予告編で見ると銃弾が飛び交うアクション映画のようだからうるさいことは言わず楽しめばいいのだと、見る前に自分に言い聞かせましたし、それどころか、『サガン...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2010-06-23 18:32
タイトル : 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(復仇)
杜琪峰(ジョニー・トウ)は現在日本公開激減の香港映画において 最も作品が公開されている監督かもしれない。 となると今から新たに香港映画の世界に足を踏み入れる人達にとっては この監督の作品やテイストこそが「香港映画の基準」となり得るのだろうか。 ・・・それは困る。個人的に。 物語の始まりは澳門(マカオ)、やがて舞台は香港へと移る。 いつもの顔ぶれ杜組と呼ばれる黄秋生(アンソニー・ウォン)、 林家棟(ラム・カートン)(今回の彼はどこをどう見てもナンちゃんだ)、 林雪(ラム・シュッ)...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-06-28 00:32
タイトル : 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(2009)◆VENGEANCE
 復仇記憶を失くした男に復讐の意味はあるのか── カケラ鑑賞後、T・ジョイ京都へ、、、、。先日鑑賞出来なかった本作を鑑賞しました。この日もグランドオープン記念ということで、1000円で鑑賞できる日でした。以降は、サービスディを選んで鑑賞するしか手はないです。また他のシアターで上映されない作品も来るようなので、その時はこのシアターを利用するつもりです。 さて随分前から楽しみにしていたジョニー・トー監督のこの作品、ようやく鑑賞できる日がやって来ました。一足早く、大阪アジアン映画祭で上映されたときは、残...... more
Tracked from NiceOne!! at 2010-06-28 01:06
タイトル : 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』(2009)/フラ...
原題:VENGEANCE/復仇監督:ジョニー・トー出演:ジョニー・アリディ、アンソニー・ウォン、ラム・カートン、ラム・シュー、サイモン・ヤム、シルヴィー・テステュー鑑賞劇場 : 新...... more
Tracked from Art-Millー2 at 2010-08-05 21:35
タイトル : 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
男たちの熱い友情と壮絶な別れ。ジョニー・トーの「ノワール・アクション3部作の完結編」と言われているようだ。前作「エグザイル」の熱さに透徹した凄みが加わった強烈な印象. Noir(ノワール、ノアール)はフランス語で黒という意味。 フィルム・ノワール (Film noir) とは、虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画を指した総称である。 《冷たい雨に撃て、約束の銃弾を》オフィシャルサイト 冷たく透徹した虚無的な作品である。記憶を失っても復讐の思いだけは消えない殺人者。男たちの銃...... more
Tracked from とらちゃんのゴロゴロ日記.. at 2010-11-05 00:16
タイトル : 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
娘家族を殺されたフランス人の初老の男性が、異邦の地で復讐を遂げる姿が多種多様なガンアクションで激しく描かれている。リアルな描写だけでなく、ときにファンタジーな映像もいい。香港の俳優だけでなく、フランスのジョニー・アリディが加わっているのですばらしいアクセ... more
Tracked from Akira's VOICE at 2010-12-08 10:56
タイトル : ハートの銃弾
「クレイジー・ハート」 「冷たい雨に撃て,約束の銃弾を」 ... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2010-12-15 12:49
タイトル : 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
【VENGEANCE/復仇】 2010/05/15公開 フランス/香港 R15+ 108分監督:ジョニー・トー出演:ジョニー・アリディ、シルヴィー・テステュー、アンソニー・ウォン、ラム・カートン、ラム・シュー ...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2010-12-23 05:00
タイトル : mini review 10511「冷たい雨に撃て、約束..
『エグザイル/絆』などで世界中から注目を集めるジョニー・トー監督が、娘一家を犯罪組織に殺された元殺し屋の男の復讐(ふくしゅう)を描くハードボイルド・アクション。主演は、フランスの国民的大スター、ジョニ...... more
Tracked from Subterranean.. at 2010-12-26 14:36
タイトル : 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を (復仇)
監督 ジョニー・トー 主演 ジョニー・アリディ 2009年 フランス/香港映画 108分 アクション 採点★★★ その人の人格なり性格なりを作り上げているのが、それまでの経験とその記憶だとすれば、何らかのきっかけで記憶を失っちゃったらどうなっちゃうんだろうと、…... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2011-02-13 20:27
タイトル : 「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」(VENGEANCE)
フランスの国民的歌手ジョニー・アリディを主演にしたノワール・アクション・ムービー「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」(原題=復讐、2009年、仏・香港、108分、ジョニー・トー監督)。この映画は、娘家族を殺害されたフランス人男性が異国の地で、殺し屋3人を雇い、復讐に乗り出していく姿を、スタイリッシュに描く。本作は第62回(09年)カンヌ国際映画祭でオープニング上映を飾った。... more
Commented by sabunori at 2010-06-23 18:36
margotさん、こんばんは。
ジョニー・トウ監督作は今日本で一番数多く公開される香港映画かも
しれません。
(私はハッキリ言って好みじゃありませんが・・・)
「男の美学」の一言ですね。好きな方はたまらない世界でしょう。
ところでコステロが殺し屋3人組の写真を撮って名前を書いていたのは
頭に残っている弾のせいで自分の記憶があやふやになることを
考えてではないでしょうか。
Commented by margot2005 at 2010-06-24 23:51
sabunoriさん、こんばんは!
ジョニー・トゥは香港でも人気の監督なのですね。
男の美学ですか?なるほど。その美学見学の男性でシアターいっぱいで驚きました。
そうコステロは脳に入った銃弾のせいで記憶がどんどんぼやけるでしたね。でも記憶がぼやけなくともあの方法は良いかと思いましたわ。
Commented by cochi1228 at 2010-08-05 21:33
僕には「男の子の遊び」といったほうがピッタリ感があります。コステロの記憶を失う荒涼感がいいですね。ジョニー・トーの前作「エクザイル/絆」が傑作かと。男の絆に対する女性の嫉妬感も描かれ可笑しいくらいヒューマニティ溢れています。
Commented by margot2005 at 2010-08-08 00:24
cochi1228さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
そうですか?「男の子の遊び」ですか。分からなくもないですね。
香港映画はほとんど観ないので「エクザイル/絆」も知らないのですが、機会があれば観てみたいですね。ジョニー・トーの世界は中々良いです。
<< 「パリより愛をこめて」 「グリーン・ゾーン」 >>