イタリア映画祭2010...「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女/勝利を」

「Vincere」2009 イタリア/フランス
a0051234_22214316.jpg

イーダ・ダルセルに「向かいの窓/2003」「心の中の獣/2005」「コレラの時代の愛/2007」のジョヴァンナ・メッゾジョルノ。
ベニート・ムッソリーニに「重なりあう時/2009」のフィリッポ・ティーミ。
ラケーレ・グイディに「13才の夏に僕は生まれた/2005」のミケーラ・チェスコン。
監督、原案、脚本に「母の微笑/2002」「夜よこんにちは/2003」のマルコ・ベロッキオ。

1907年、トレント。イーダ・ダルセルは社会主義信奉者の青年ベニート・ムッソリーニと出会う。7年後ミラノで再会した二人は激しい恋に落ちる。彼を愛し、彼の思想に共鳴したイーダは、ファシスト党機関紙となる“ポポロ・ディタリア”創刊の資金に自身の持つ全ての財産を用意する。やがて、二人は結婚し息子が生まれベニートと名付けられる。しかしムッソリーニにはラケーレと言う愛人がおり、彼との間には子供までいた。イーダは正式な妻であり、彼の実子の母親であると主張するが、権力の階段を駆け上がるムッソリーニの足手まといとなる母子は警察の管理下におかれ、精神に異常を来たしたイーダは病院へ収容される。一方で、姉夫婦に預けられていた息子ベニートも寄宿学校に送られてしまう…

イタリア人でさえ知る人が少ないと言うイーダ・ダルセルの半生。ムッソリーニに隠し子がいて、その母親は彼のせいで壮絶な人生を送らざるを得なかった。母親は50代、息子は20代でそれぞれの人生を閉じている。
“英雄色を好む”じゃないけど、ムッソリーニは女好きだったに違いない。そんな彼をまるでストーカーのように追い回したイーダ。イーダを演じるジョヴァンナ・メッゾジョルノはスゴい形相で決して屈服しない狂気の女を熱演している。収容された精神病院の門を裸足で上るシーンは凄まじい。
フィリッポ・ティーミは「重なりあう時」とは別人で、成人したベニートも彼が演じている(ムッソリーニ親子はそっくりだったと言う)。
実写のムッソリーニと、ティーミ演じるムッソリーニの演説が交差する。もちろんイタリア人俳優フィリッポ・ティーミのほうがいい男だが、ムッソリーニとダブって見える彼の鬼気迫る演技にはメッゾジョルノにも負けず、劣らずスゴいの一言。
[PR]
by margot2005 | 2010-05-18 23:37 | 映画祭 | Trackback(10) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/10643189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2011-06-06 18:57
タイトル : 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女
20世紀初頭、イタリア。 官憲から追われる政治活動家ムッソリーニと恋に落ちた女性イーダは、全財産を投げ売って彼の活動を支えた。 しかし、長男出産後、彼に正妻ラケーレがいたことが発覚。 ムッソリーニが政権を奪取し、ドゥーチェ(統帥)としてイタリアに君臨した後は、彼女と息子の存在など、なかったことのようにされてしまう。 イーダは自らの正当な立場を主張し続けるのだが…。 歴史に葬られた愛の物語。... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2011-06-17 11:06
タイトル : 私を忘れないで〜『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』
VINCERE 1907ǯꥢ滺νʥʡåΡˤϡ ҲްΥå꡼ˡʥեåݡƥߡˤȽаǯθ塢Ʋ ͤϥå꡼ˤλҤȤ롣 ꥢȺۼԡեޤ޼å꡼ˤꤲǤ ǻ٤ʤ⡢ΤƤˤΰǤƤͤν ᤮ƮεϿȱƤФɥޡ ϡŤݤ졢áΤᤵ줿褦ʵʬǷˤ Ĥϥޥ륳٥å¤ϴĤ衢ˤϡ٤ˤⴰ˥Υ Ȥ졢ۤϽƤʤ ϲ٤å꡼ˤ˸ְƤפȡå꡼ˤϤ ϱǵˤࡣˤϺʻҤΤ©...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2011-06-19 05:48
タイトル : 愛の勝利を
 『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』をシネマート新宿で見ました。 (1)この映画は、表題から、ムッソリーニと一緒に終戦直後に銃殺された愛人のことを描いた作品ではないか、と思っていましたが、実際に見てみると、主人公の女性は、第2次大戦が始まる前にすでに死...... more
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2011-06-19 23:43
タイトル : 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女
Vincere [Blu-ray] [Import]甘いイメージの邦題がついているがこれは壮絶な闘いの物語だ。イタリア映画らしいオペラ的荘厳さの中、通奏低音に映像メディアの本質が流れていることが見逃せ ...... more
Tracked from Cartouche at 2011-06-23 13:36
タイトル : *愛の勝利を ムッソリーニを愛した女*
  20世紀前半、イタリアに独裁政権を築き、歴史上ヒトラーと並び称される独裁者ベニート・ムッソリーニ(フィリッポ・ティーミ)。その陰には、イーダ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)という一人の女性の存在があった。熱心な社会主義者だった若きムッソリーニと恋に落ちたイーダは、全財産を投げ打って彼の理想の実現のために尽くす。身も心もすべてを捧げたイーダは、やがて彼の子供を産む。だが、この時初めて、ムッソリーニがすでに家庭を持つ身だったことを知る。   あ〜映画...... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2011-06-26 22:54
タイトル : 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女
日経夕刊「シネマ万華鏡」で「今年有数の傑作」獲得。 中条省平氏をして「本年屈指の1本としてお薦めしたい」と絶賛の本作。 新宿まで行くのはちょっと・・・と躊躇していたのに、 何と!109シネマズMM横浜で公開中やおへんか!? というわけで早速映画館へGO レデ...... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2011-06-28 23:37
タイトル : ■『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』■ ※ネタバレ有
2009年:イタリア映画、マルコ・ベロッキオ監督&脚本、ジョヴァンナ・メッゾジョルノ、フィリッポ・ティーミ、ファウスト・ルッソ・アレン、ミケーラ・チェスコン、ピエール・ジョルジョ・ベロッキオ、コッラード・インヴェルニッツイ出演。... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2011-06-30 00:30
タイトル : 愛の勝利を ムッソリーニを愛した女
ヒトラーと並ぶ独裁者ベニート・ムッソリーニ。その男に己の持てる全てを捧げた女がいた。しかし彼女は歴史の闇に葬り去られたのだった…。イタリアの巨匠マルコ・ベロッキオ監督が描く悲劇の物語の主人公は全米批評家協会賞主演女優賞を獲得したジョヴァンナ・メッツォジョルノだ。彼女の尋常ならざる気迫のこもった演技に目が釘付けになる。共演はフィリッポ・ティーミ。... more
Tracked from イタリア映画紀行 at 2011-07-05 18:23
タイトル : 愛の勝利を
昨年のイタリア映画祭で上映されたんですよね、しかもベロッキオが来日したんでしたっけ? その際にベロッキオはこの作品についてどう語っていたのでしょうか この映画は、ムッソリーニという人物のカリスマを知ることができる貴重な1本といえるのではないでしょうか・ …... more
Tracked from soramove at 2011-07-28 21:30
タイトル : 映画「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」激動のイタリア..
「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」★★★☆ ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、フィリッポ・ティーミ出演 マルコ・ベロッキオ監督 128分、2011年5月28日より全国順次, 2009,イタリア,エスピーオー (原作:原題:VINCERE/勝利を)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「劇中に映画や映画ニュースが挿入されている、 チャップリンの無声映画に生演奏がつき、 モノク...... more
<< イタリア映画祭2010...「... イタリア映画祭2010...「... >>