「ウディ・アレンの夢と犯罪」

「Cassandra's Dream」 2007 UK/USA/フランス
a0051234_048491.jpg

イアンに「ミス・ポター/2006」「彼が二度愛したS/2008」「天使と悪魔/2009」のユアン·マクレガー。
テリーに「ニュー·ワールド/2005」「マイアミ・バイス/2006」「Dr.パルナサスの鏡/2009」のコリン·ファレル。
アンジェラに「情愛と友情/2008」「ある公爵夫人の生涯/2008」のヘイリー·アトウェル。
ケイトに「ヴェラ・ドレイク/2004」のサリー·ホーキンス。
伯父ハワードに「理想の女/2004」「ロックンローラ/2007」「フィクサー/2008」「ワルキューレ/2008」「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜/2009」のトム·ウィルキンソン。
マーティン・バーンズに「ヴェラ・ドレイク」「フェイス/1997」のフィリップ・デイヴィス。
監督、脚本は「ウディ·アレンの重罪と軽罪/1989」「さよなら、さよならハリウッド/2002」「僕のニューヨーク·ライフ/2003」「マッチポイント/2005」「タロット·カード殺人事件/2006」「それでも恋するバルセロナ/ 2008」のウディ·アレン。
a0051234_0481520.jpg
a0051234_0483138.jpg

ロンドン南部に暮らすイアンとテリーは仲の良い兄弟。イアンはホテル・ビジネスに投資する夢を持ち、自動車修理工場で働く弟のテリーは、恋人のケイトと暮らす家を手に入れたいと願っている。ある日、テリーがドッグレースで手に入れたお金を元に、二人は中古の小型クルーザーを購入”カサンドラ・ドリーム”と命名する。やがてイアンは魅力的な舞台女優アンジェラと出会い交際が始まる。幸せな日々が続くかに見えた兄弟だったが、テリーがポーカーで大金を失い大借金を抱え込んでしまう...

原題“カサンドラの夢”のカサンドラとはギリシャ神話に登場するトロイの王女で悲劇の予言者。
お気に入りのUK&アイルランド俳優ユアン&コリンが主演のこの映画はずっと前から楽しみにしていた。予告も相当前からシアターで上映されていてやっと公開された2007年製作作品。ウディ·アレン映画は日本で人気ないのか3年たってやっと公開された。
ユアンとコリンは似てなくて兄弟には無理があるが、実直そうに見えて以外や残酷な兄役のユアンと、チンピラ風で頼りないが実は誠実な弟役のコリン。このキャスティングはパーフェクト。
夢に向かって邁進する兄の足を引っ張る弟。その役を演じるコリンはあの太い眉を斜めにしかめっ面ばかりしていた。
「マッチポイント」「タロットカード殺人事件」に続くロンドン3部作のラスト作品。前2作はユーモアも加味され楽しく、面白い展開がナイスだったが、こちらはひたすら破滅へと向かう兄弟の悲劇の物語。ユーモアを入れないで単にブラックなサスペンス・ストーリーはウディ・アレン映画には珍しい気がする。
兄弟のリッチな伯父を演じるトム・ウイルキンソンと、イアンが夢中になる舞台女優アンジェラ役のヘイリー·アトウェルの存在も欠かせない。
確かに“ノー!”とは言えない立場の二人、伯父ハワードの悪魔のささやきに“イエス!”してしまった兄弟のラストがあまりにもあっけなくて呆然。
リアル過ぎる邦題はもうちょっと何とかならなかったのか?原題のままでもよかったのに...。
恵比寿ガーデン・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2010-04-06 01:03 | UK | Trackback(15) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/10355270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2010-04-06 17:14
タイトル : ウッディ・アレンの夢と犯罪
父親の営むレストランを手伝いながら投資家としての成功を夢見るイアン (ユアン・マクレガー)と自動車整備工の仕事のかたわら身の丈に見合った ギャンブルを趣味とするテリー(コリン・ファレル)の兄弟。 2人は資金を出し合い中古の小型クルーザーを購入しドッグレースで大穴を当てた 犬の名前にちなみ「カサンドラズ・ドリーム号」と名づける。 そんなある日海外に住む資産家の伯父(トム・ウィルキンソン)が一時帰国する。 事業を成功させたこの伯父は兄弟にとって救世主であり尊敬に値する人物だ。 イアンもテ...... more
Tracked from 象のロケット at 2010-04-08 17:18
タイトル : ウディ・アレンの夢と犯罪
ロンドン南部に暮らす兄弟。 兄イアンは父のレストランで働きながら、ホテル事業へ投資するビジネスマンを夢見ていた。 自動車修理工場で働く弟テリーは、恋人ケイトと庭付きマイホームで暮らすことが夢だった。 ギャンブルで大負けしたテリーと、女優アンジェラに夢中になったイアンは金に困り、金持ちの伯父ハワードに助けを求めるが…。 クライム・サスペンス。... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2010-04-11 00:46
タイトル : ウディ・アレンの 夢と犯罪
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続くウディ・アレン監督の ロンドン3部作最終章となるクライムサスペンス。 自分が置かれている状況からさらなる上の生活を夢見た兄弟が、ふとした ことから破滅の道へと転がり落ちていく様を描く。 破滅していく兄弟をユア..... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2010-04-11 10:23
タイトル : 「ウディ・アレンの夢と犯罪」:晴海一丁目バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}あの水面、何かいるぞ。 {/hiyo_en2/}二羽の水鳥よ。 {/kaeru_en4/}波間にプカプカと浮かんで、まるで「ウディ・アレンの夢と犯罪」に出てきた兄弟のように頼りないな。 {/hiyo_en2/}あの映画に出てきたのは、水鳥というより、川のあぶくみたいなダメ兄弟。 {/kaeru_en4/}ユアン・マクレガーとコリン・ファレルという当代一流のスターが演じている。 {/hiyo_en2/}さすがはウディ・アレンの求心力。 {/kaeru_en4/}この兄弟、分不...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2010-04-14 18:54
タイトル : ウディ・アレンの夢と犯罪
ロンドン。 労働者階級として、父のレストランを手伝う兄イアン(ユアン・マクレガー)と、自動車修理工場で働く弟テリー(コリン・ファレル)は、中古の小型クルーザーを共同購入する。 ギャンブル好きな弟ギ..... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-04-18 06:26
タイトル : ウディ・アレンの夢と犯罪
 『ウディ・アレンの夢と犯罪』を、恵比寿ガーデンシネマで見ました。  ウディ・アレンの作品は、このところでは、『マッチポイント』(2006年)、『タロットカード殺人事件』(2007年)、それに『それでも恋するバルセロナ』と見てきているので、やはり外せないところです。 (1)本作について、劇場用パンフレットの「Introduction」には、『マッチポイント』、『タロットカード殺人事件』に続く「ロンドン3部作の締め括り」だと述べられていますが、ロンドンで制作した作品という以外に、共通点を全2作とは余...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-04-19 23:38
タイトル : ウディ・アレンの 夢と犯罪(2007)
原題:CASSANDRA'S DREAM 京都シネマにて鑑賞。「アリスインワンダーランド」は予想通り大入り満員状態。ということでシネコンを横目に、通り過ぎる。ウィークディに鑑賞するつもりでいるが、ずっとこんな状態なのか? ということで、ウディ・アレンの夢と犯罪を鑑賞することに。1時間前にチケット購入。4番目だった。何でも2007年製作だそうで、何で今頃公開なのかしら? さてウディ・アレン、現在74歳だが1年に1本のペースで製作しているらしい。凄いですね。映画作り45年のこだわりは冒頭のシンプルさ...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2010-05-03 22:49
タイトル : ウディ・アレンの夢と犯罪 / CASSANDRA'S D..
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アレン映画好き〜{/hearts_pink/} アレンの映画は日本公開までこぎつくのが遅いので有名だけど こちらの作品はほんとに時間かかった{/namida/} 3年前にトロント映画祭で上映された「カサンドラドリーム/CASSANDRA'S DREAM」。 小型クルーザーに付けた船名がタイトルだけど、 分かりにくいタイトル...... more
Tracked from Akasaka high.. at 2010-05-04 07:47
タイトル : Cassandra's Dream 「ウディ・アレンの夢..
Woody Allen(ウディ・アレン)がまたロンドンを舞台にして製作した犯罪サスペンスがCassandra's Dream(ウディ・アレンの夢と犯罪)。投資家として成功した兄と自動車修理工の弟が金のために叔父の依頼で殺人を計画するストーリーで、題名は兄弟が手に入れたボートの名前でした。Ewan McGregor(イアン・マクレガー)演じる兄は弟のガレージから借りた高級車を乗り回し舞台女優と親密になるなどハイソな生活をエンジョイしますが、投資資金が必要。 庶民的なColin Farrell(コリン・フ...... more
Tracked from kaoritalyたる所以 at 2010-05-22 17:14
タイトル : ウディ・アレンの夢と犯罪★★★劇場50本...
4/18に観に行った映画のレビュー・・とにかく溜まってます^^;で、この映画、真ん中過ぎるまで、本当にムカムカするというか、気分が悪くなりましたね~。まさに、想像通りに...... more
Tracked from Diarydiary! at 2010-06-26 20:50
タイトル : ウディ・アレンの夢と犯罪
《ウディ・アレンの夢と犯罪》 2007年 イギリス映画 - 原題 -CASSAN... more
Tracked from 俺の明日はどっちだ at 2010-06-29 18:10
タイトル : 「ウディ・アレンの 夢と犯罪」  CASSANDRA'S..
・ 「マッチポイント」「タロットカード殺人事件」に続くウディ・アレンによる人間の野心をテーマとしたロンドン三部作の最後を飾るクライム・ムーヴィー。 ビジネス界での成功を夢見る兄とギャンブル好きの弟の兄弟が中古の小型クルーザーを購入し、カサンドラズ・ドリーム号と名付けるところから物語は始まる。 兄は新たな恋人相手に分不相応な見栄を張りながらアメリカでの新生活を思い描くも、ギャンブルで大負けした弟が巨額の借金を背負ってしまい、結果大金持ちの伯父に助けを求めたところ、とんでもない“ 頼みごと ”を持ちか...... more
Tracked from こんな映画見ました〜 at 2010-10-01 21:43
タイトル : カサンドラズ・ドリーム 夢と犯罪 (ウディ・アレンの 夢..
『カサンドラズ・ドリーム 夢と犯罪』 ---CASSANDRA'S DREAM--- 2007年(イギリス) 監督:ウディ・アレン 出演: ユアン・マクレガー 、コリン・ファレル 、ヘイリー・アトウェル、サリー・ホーキンス 、トム・ウィルキンソン ウディ・アレン監督が「マッチポイント」「タロットカード殺人事件」に続いて撮り上げたロンドン三部作の最後を飾る犯罪ドラマ。ふとしたはずみから苦境に陥っていく兄弟の運命を描く。  ロンドン南部に暮らす労働者階級の男イアンの夢は、ホテル事業への投資...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2010-10-15 09:15
タイトル : mini review 10492「ウディ・アレンの 夢..
名匠ウディ・アレンが『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続き、ロンドンを舞台に撮り上げたロンドン3部作最終章。破滅への道を転がり落ちていく兄弟の切なさとこっけいさを、ウディ・アレンならではの...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2010-10-24 06:40
タイトル : 「ウディ・アレンの夢と犯罪」(CASSANDRA'S D..
米国映画界の才人、ウディ・アレンが「マッチポイント」(05年)、「タロットカード殺人事件」(06年)に続きメガホンを執ったロンドン三部作の最終作となったクライム・サスペンス「ウディ・アレンノの夢と犯罪」(ソフト・タイトル=カサンドラズ・ドリーム、07年、英、108分、W.アレン脚本)。この映画は、ふとしたはずみから苦境に陥っていく兄弟の悲劇を描く。主演は、「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガーと、「ニュー・ワールド」のコリン・ファレル。(ネタバレあり)... more
Commented by sabunori at 2010-04-06 17:23
margotさん、こんにちは。
相変わらず近年のウッディ・アレン作品の日本での扱いには「えぇっ?」
と驚かされます。
公開の遅さもですが上映劇場の少なさにもビックリですよね。
今回の作品、いつものウッディ・アレン映画とは少々趣が異なり
ズブズブと不幸の底なし沼にはまり込んでいく兄弟の姿を
淡々と描いていましたね。
それでも殺人を犯すまでの心の揺れをセリフでしゃべりまくるあたりや
犯行そのもののあまりにもあっけない描き方など、やはりどこかに
彼らしいカラーが出ていたかも。
この兄弟役を2人が逆に演じていたらどんな作品になっていたかしら。
Commented by margot2005 at 2010-04-09 23:03
sabunoriさん、こんばんは!
ウディ・アレン映画って独特なので好みは分かれるでしょうね?あのブラックの入ったユーモアは日本人の感性に合わないような気もします。
アレン映画は台詞が多くて俳優泣かせだそうですね。
兄役のユアンはかなり喋ってましたわ。
ラストのあっけなさに呆然ですが、あれがウディ・アレンの世界なのですよね。
兄弟逆バージョンは考えられませんが、ちょっと想像してみましょうか??
Commented by dearcat at 2010-04-20 20:50
はじめまして。
アレン映画は台詞が多いですね。
個人的にはあのシニカルさが昔から好きで、ことに
『ブロードウェイのダニー・ローズ』あたりは大好きです。
日本での評価がずっとイマ一つなのが残念です。
Commented by margot2005 at 2010-04-22 00:42
dearcatさん、こんばんは!
書き込みありがとうございます。
ウディ・アレンはまるで小説家のように台本を書くスゴい人です。
「ブロードウェイ〜」も素敵な映画で、同じ頃に作られた「カイロの紫のバラ」なんかも良いですよね。
彼の感性は日本では受けないのかも?
<< 「マイレージ、マイライフ」 「噂のモーガン夫妻」 >>